いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

成長による変化について:耳の向きと鼻の穴の向き

掲載日: 2022年11月15日更新日: 2022年11月16日

他人の赤ちゃんの頃から成人するまでの成長写真を見ていた時に、ふと思った疑問です。


その人は、赤ちゃんの時から大人になるまで鼻の穴の向きが全く変わらず上向きでした(顔を正面にしたら鼻の穴が見えるタイプ);その人の鼻は赤ちゃんの頃から、成人するまで全く一緒でした。


それに対して、私は赤ちゃんの頃や幼少期は鼻の穴は上向きでしたが、途中から変化し、中学生の頃にはもう既に鼻の穴が下向きでした(顔を正面にした時に鼻の穴が見えないタイプ)

質問1.
この人のように鼻の穴の向きが生まれた時から全く一緒の人と、私のように、鼻の穴の向きが途中で変わる人の違いは何なのでしょうか?



この疑問を持った時に、さらに疑問に思った質問が次の質問2になります。

私は小さい時は立ち耳(正面から見た時に耳が見えていた状態)で、耳の位置が現在よりも下の位置についていました。

が、気付いた頃には、耳が正面から見ても見えないような状態になり、そして耳の位置が上の方に上がりました。


ということで、私の質問2は、

質問2.立ち耳が変化したり、耳の位置が上の方に上がるっていうのは、子供の顔から大人の顔に変わるにつれて当たり前に起きる変化ですか?


本当に不思議でたまらないです。

どなたか私の質問について、ご教示くださりますと幸いです。よろしくお願いします。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事