いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

エレクトーンの催し物についての、皆様からのご意見を!

掲載日: 2008年4月1日更新日: 2015年7月1日

この世の中には沢山の趣味や習い事があり…。
エレクトーンというと、質問を見て下さってる皆さんには、縁遠い感じもしますが…。
一年の催し物の中に、コンクール的存在のものがあるのです!
主催者側は、あまり賞を意識せず、発表会感覚、そして…自らステージに立ち、楽しんだ音楽を…という感じのようです。
たまたま下の娘がその催し物に去年から参加させて頂く事になり、好きな曲をアレンジしたりして頑張って楽しんでいる様子がうかがえます!
それとともに、習っている会場からの大会に参加する事により、金賞、銀賞などの賞がつけられ、
さらに金賞になると上の地区の大会に出て演奏できる様子です。
地区で金賞を頂けた生徒さんは、さらに、その上のエリア別のファイナルに進め、
そこで金賞を頂けると最終の全日本大会というところで演奏し、そこで賞がつけられて全てが終わる…という形。
そのように習っている先生にお聞きしました。
でも上手に演奏ができても…ある程度の先に進める枠があるそうです。
先日先生に頑張って楽しんで弾いてね!…と娘が言われ、よし!頑張る~~!
みたいに楽しんで練習する姿を家では見ているので…親としても有り難いのですが、一つ微妙に気になる事があります。
それは…枠の設定が参加する生徒に対し、そして私たち親が考えても、なんだか納得行かない気もするのですが…。
部門が別れていて、低学年、高学年、中学生、高校生…と四つの部門があります。
私の古くからのお友達の娘さんもエレクトーンを習っていて、毎年その催し物に参加して、賞を頂いて次の大会に進めたり、習っている会場での最初の大会で賞をもらえなかったりで、次の大会には行けなかった事もある…とのことでした。
それは…たった一曲の演奏での事なので、参加する本人にとっての力を判断する事ではないと私も思ってはいます。
でも子供は賞がつく事により、何故か賞をもらいたい!次の大会のステージに進みたい!…と思ってしまう傾向が出てしまい、楽しさより勝負する、勝ち負けを意識する様になる事が多いみたいで、
賞に入らないとガックリくる方も少なくないと聞いてはいますが、なるべくその部分は親が、そして教えて頂いている先生のフォローにより楽しいイベントとして一つを終わらせたいと思っています。
先日のレッスンで・・娘から耳にした先生のお話で、去年は少なくとも4部門1人は必ず上の大会へ進める枠が設定されていたようですが、今年は・・。
低学年1人、高学年0人、中学生1人、高校生1人・・という枠の設定だそうです!
うちの娘は中学生なので問題なく「上に上がれたら良いなぁ!でもダメでもしょうがないかぁ~」のようにボォ~っとしてますが、一つ下のお友達は6年生で、要するに参加しても「演奏して終わり、ただの発表会みたい・・」と少しやる気を失くしているみたい・・との事でした。
そのお友達はちなみに去年は地区の大会まで行き、銀賞を頂き・・来年も頑張りたいし、楽しかったからと、100万円を超えるエレクトーンを勧められ購入までしたと聞いています!
うちはピアノもヤマハとは違うところで習っているので高価なエレクトーンは買ってはあげられませんが、お教室に行くとそのエレクトーンで弾けるからと楽しんで通っています!
そのイベントは参加費も1万円弱で決して安くはないですが、習い事ではある程度のお金もかかっても仕方が無いとも思っているので、その部分に関しては納得がいっても、最初から上の部門には行けない!!・・とわかっていながらも参加するお友達がなんだか可哀想で・・。
贅沢で、わがままな意見なのでしょうか?
また、別のお教室(特約店)で習っているお友達のところは「全部門3人ずつ上に上がれる」という枠があるみたいです。
たった1人・・という枠の場合はしょうがないにしても、0人という定められた枠を参加する側に提示して行われるイベントに対し、皆さんはどのように感じるのかを少しお聞きしたくて質問させていただきました!
是非何かお気づきの事がありましたら、ご意見などを頂きたいと思います!!宜しくお願い致します!!

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事