いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

骨折により曲がらなくなった膝について

掲載日: 2014年5月11日更新日: 2015年7月1日

10年以上前に交通事故により、左足の膝上を3箇所骨折しました。
骨折部分、間接、問題なく治っているのですが、膝が曲がるようになりません。
曲がるようになる方法はあるのでしょうか?

10年以上前に交通事故に遭いました。
とても大きい事故で、事故前後、約一ヵ月半の記憶がありません。
事故の状況やそのときの怪我の具合はすべて母に聞いたものです。
ですので、多少実際と異なる点もあるかと思いますが、ご了承お願いします。

わたしは今30の女です。
高校2年生のときにとても大きな事故に遭いました。
わたしは原付、相手は普通自動車(ワゴン車のような大きめの車)です。
1斜線の道路と斜線のない道路との交差点。出会いがしらの事故でした。

心臓が止まりましたが、幸いにも事故現場の近くに産婦人科があり、
そちらの先生が蘇生をしてくださいました。
現場は交通事故が多く、ぶつかる音がしても周辺の住民は
あまり気に留めないような場所と聞きました。
ですが、交差点の近くに看護師さんがお住まいで、ちょうどその時間に
ご在宅で、救急車の手配をしてくださったようです。

近くの某大学病院の救命救急センターに運ばれました。
当時、救命救急にいらした、1人の医者からは、助からないと思う。
助かっても、脳に障害が残り、普通に話をすることは出来ない、と
言われたそうです。
脳挫傷、左足と顎の骨折、アバラの骨折(蘇生術によるもの)、
がおもな怪我です。後に耳小骨のはずれ、右目の斜視が判明しました。

事故前後、1ヶ月半ほどの記憶がなく、家でうたた寝していて、目が覚めたら、
病院のベッドの上で、しばらくは夢だと思っていました。
気管切開、左足のギプス、顎を骨折しているため、口が開かないようにと上下の
歯茎にジグザグと針金が縫われていました。
鼻から栄養を送るための管が入っており、無意識に
管を抜かないよう、両手がベッドの柵に縛り付けられていました。

その時はどうしても現実だと思いたくなくて、本当に辛かったです。
言葉では言い表せません。

それから今までの経緯は、すべてを記してしまうと
なかなか本題に入ることができなさそうなので省略します。

ある程度の治療が済み、残るはリハビリのみというまで、回復した時に
リハビリ専門の病院へ転院しました。
転院の日、転院前は看護師さんがしてくださった事(入浴、トイレ、移動など)
を強制ではありませんが、自分でやるよう指示がありました。
その時は、なんてひどい病院なんだと、前の病院へ戻りたくて
仕方がありませんでしたが、そういったことがなければ、いつまでたっても
自分の事ができないままでした。
そのおかげもあり、転院して、すぐに自分で動けるようになり、
少しずつ、自分で自分のことができるようになりました。
その頃は、リハビリ病院への感謝の気持ちでいっぱいになっていました。

歩けるようになり、階段の上り下りができるようになり、
日常生活がリハビリというお話もあり、退院をして復学をしました。
リハビリは定期的に通っていました。(1年間週1回ほど)

ひとりでできることは増えていきましたが、
膝が曲がるようにはなりませんでした。
はじめに比べれば、曲がりますが、70度くらいまでしか曲がりません。
走れないし、自転車は乗れないし、階段を急ぐことができません。

もっと曲がる様になりたい気持ちはありましたが、
リハビリ病院にはもっと大変な障害をお持ちの方が沢山いましたし、
1度は死に掛けた状態でここまで良くなっているのに、
贅沢を言っているようで、その時はあまり主治医の先生に
色々と伺うことはしませんでした。

その後、専門の場所に行って相談をしたり、リハビリの先生に伺い、
ネットで調べ、曲がらない原因は癒着だということが分かりました。

骨折は左足の膝上と足の付け根を縦に2箇所、合計3箇所折っています。
はじめはワイヤーを骨に通し、引っ張って治療をしていましたが、
途中で骨折部分と骨折部分の骨がずれてついてしまい、
再び骨折をさせ、今度はギプスで固める治療法になりました。
ですので、通常よりも長い間、膝を曲げないようにしていました。
専門の先生からは針金で引っ張っているときから、失敗しても膝を曲げる運動を
していなければならなかったと言われました。

骨折時に骨がついていなくても、膝を曲げるリハビリを始めなければならない。
その事を知っている先生がいなかったのか。
足よりも他に重大なことがあったのか…。
母は足の治療を始めたのは、命の問題がなくなってからだと言っていました。

癒着をはがす手術もあるとのことですが、その手術を受けても
自転車が乗れるまでは曲がるようにならないし、
術後の激痛、それに耐えたとしても
さらに辛いリハビリと再癒着の可能性も説明され、
勧められてはいませんでした。わたしも躊躇してしまいます。
接骨院、整体院へ行ったら、と言う先生もいらっしゃいましたが、
もう何をしても無理なのかな、と考えてしまうと、
なかなか足を出せずにいます。

正座は出来なくても構いません。
自転車が乗りたいです。
何か方法をご存じの方いらっしゃいますか?

どんな些細なことでも構いません。

周りに同じような障害を持っている方がいる、と言うようなお話でも
構いません。
長文、且つ乱雑な文章を最後までお読みいただきありがとうございました。


どうぞよろしくお願いします。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事