いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

たまーに聴こえる幻聴について

掲載日: 2011年11月3日更新日: 2015年7月2日

文章がまとまらないので長くなりますが、見ていただけたら嬉しいです。
本当にたまになのですが、幻聴のようなものが聴こえます。
そのようなものが聴こえるようになり始めたのは幼稚園の頃です。
インフルエンザにかかって40度ほどの熱を出し、意識が朦朧としてる時に幽体離脱を体験しました。そして、体調が良くなって、起きられるようになってから幻聴が聴こえ始めました。
男の人の「あ〝ー」と言う低い唸り声が右耳から左耳にまるでレースカーみたいに流れて聴こえたり、女の人が頭の後ろで怒鳴ったり、ブツブツと何かをしゃべる声が聴こえました。またこの女の人の声が聴こえると決まって頭の中に真っ白い大きな部屋が浮かびます。その部屋の中に大きくなったり小さくなったりする白いたまごと、ものすごく大きな手があって、たまごが大きな手に飲み込まれるようなイメージが浮かび、とても怖くなるし不安になるし、鼓動が速くなります。
周りをキョロキョロ見てももちろん誰もいませんし、母親に今誰かに怒られた(T ^ T)と言っても気のせいだと言われました。その頃はまだ小さかったので本当に怖かったです。
インフルエンザをきっかけに、二十歳を過ぎた今でもたまに聴こえます。
勉強など、寝てはいけない時にウトウトし始める度におじいさんみたいな人が怒ってきます。それは何か言葉を言ってると言うよりも瞬発的な大きな声で怒ってくる感じです。
その声が聴こえた時は、必ずウトウトしている時なので、このおじいさんは寝ないで勉強しなさい‼怒っているようにも感じるのです。
聴こえる声は決まってこの3人の声です。
男の人と女の人の声は、本当にたまになので気にしない様にしているのですが、おじいさんの声はちょいちょい聴こえるので不安です。

これは幻聴と呼ばれるものなのでしょうか?
幼稚園児の頃にかかったインフルエンザの影響で、私の脳や耳がおかしくなってしまったんでしょうか?
長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事