いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

乳児へのステロイド使用

掲載日: 2012年11月29日更新日: 2015年7月2日

こんにちは、生後3ヶ月と少しの娘を持つ新米の母親です。

実は、本日お医者様から処方されたお薬について、知識ある皆様・子育ての先輩様方からご意見を頂きたく投稿させて頂きました。

先だって書きますと、処方されたお薬はキンダベートです。

普段から保湿には気を付けていましたが、今月に入ってからは更に気合いを入れておりました。
…が、今月の半ば頃から顔の赤み、カサカサが目立つようになりました。
(丁度3ヶ月を迎えた頃です。)
因みに、保湿に使っていたのは尊馬油です。

最初は左耳の上部付け根のカサつき、膝小僧の(表側)赤みの無いブツブツから始まりました。
それがこの2週間程で顔全体の赤みへと広がりました。

月初めの頃は赤みもなく、痒がる様子も無いので保湿しながら様子を見ておりましたが
徐々に耳(表側)→こめかみ→頬→目の回りやオデコ…へと広がり、今では娘も痒いようで擦っています。

昨晩は耳が痒くて眠れないようで、午前3時頃からずっと起きていましたが今やっと眠りについています。
耳の裏は湿疹や乾燥などの異常ありませんが、上手く表側を掻けないようで裏側も掻いてしまっています。

痒がる姿が可哀想で可哀想で、でも掻かせると悪化する気がして一晩中娘の手を顔から払って過ごしました。


朝になって見てみると、おむつ替えなどで両手を離している間に掻いてしまった数カ所に、引っ掻き傷ができていました…。
耳の付け根(上部)も、いつか切れてしまうのではと心配になる程ガサガサです。

それでいて首や体、腕やお尻、膝以外の足には何ら異常はありません。

ですが「もしや、アトピー体質なのでは」という不安が強まり、今朝掛かり付けの小児科を受診しました。

結果、「乳児湿疹」という診断が下り「最も弱いステロイドを出しますから」
…と言われました。

ですが浅知恵ではありますが、ステロイドは副作用が怖いという先入観があります。
先生にステロイドの副作用が心配ですという事、辞められなくなったり、どんどん強いものにしないと効かなくなるのでは…と質問したのですが、

「ちゃんと使えば副作用はない」
「最弱だから大丈夫」
「治ったら使用を中断して、再発したらまた使用すればいい」
「どこから仕入れた知識か知らないけど、医者の指導に従うように」

と指導されました。
ごもっともな事なのですが、先入観というものは悪いもので中々不安を払拭出来ずにいます。

調べれば調べるほど、
「ステロイドはその場しのぎ」
「手放せなくなる」
「弱いのから始めても強いものにしないと効かなくなる」
「肌の免疫力を下げてしまい、中断後は悪化する」

などの情報ばかりが目についてしまいます…。

先生はこれを「アトピーに効くと言って、ステロイド以外の馬鹿高い薬を買わせるための情報操作だよ」と仰いました。

私も、娘が楽になるのなら今すぐステロイドを使ってやりたいです。

…ただ自分が、痒がる娘を見たくない、可哀想で見ていられないという弱い部分もあります。
この弱さが、リスクを無視してステロイドを使う言い訳になってしまうようで釈然としません。

そこで、出来れば実体験でのお話を伺いたく質問させて頂きました。
ステロイドについての情報は、少なくともステロイドを問題視する方が書いた記事が多いと思うので、必然的にマイナス面だけが出てくるように思います。

逆に問題なく済んだ方にとっては、わざわざ記事にすることもない何の取り留めのない事で、これもまた必然的にそういった記事も少なくなっていくのかなと思います。

ですので、ステロイドを使ったけど問題ないし離脱出来ている…という方、いらっしゃいましたらどうかお話をお聞かせ下さい。
また、問題が起きたよ…という実体験も是非聞きたいと思っております。

皆様のご意見を聞かせていただいて、今後の判断材料にさせて頂きたいと思っております。
どうか、よろしくお願い致します。

皆様の貴重なご意見をいただくのですから、必ず御礼文は書きたいのですが、育児の合間…手際の悪い母親ですので、大変遅くなると思います…どうかお許し下さい。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事