いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

過去へのコンプレックス+男性不信+心の壁

掲載日: 2007年9月5日更新日: 2015年7月2日

大変長文です。多くの方を不快にさせてしまう内容を含みます。
このような場所に書くようなことではないかもしれませんが、もうどうしようもなく心が圧迫されているので、本当に勇気を振り絞って書かせて頂きます。

私の母方の祖父に当たる人物Aは、戸籍上は祖父ではありません。
祖母はAのいわゆる愛人で、母を身ごもったときはおろすつもりだったらしいのですが、当時高齢だったにもかかわらず子がいなかったAに懇願され、母を生みました。
もっとも、母が生まれた同年に本家にも男子が生まれ、祖母とは別の愛人のもとにも子が生まれました。
Aは実質3世帯全ての大黒柱で、Aの援助ゆえに母も豊かに育てられました。
母はAの生前には認知されず、Aの死後に裁判でDNA鑑定結果が認められ、遺産は相続しました。
私はこのような事実を小6時に知り、ひどくショックでした。
私はキリスト教の学校に小学校~高校と通っていたため、「不義」の血が流れている自分は罪深いのだと思い込み、その他思春期特有の悩みも重なり、自律神経失調症+軽度の摂食障害になりました。

それが癒えた頃、高1だったと思いますが、父が会社の金を多額に横領していたことが発覚しました。
会社は社名が汚れる事を恐れ、横領金を全額返すなら示談で済ますと言います。
しかし父は事態をちっとも把握せず呆けるばかりで、実際に雑事に奔走したのは母です。
父は母に言われ自殺することも考えたようですが、根が楽天的で自分を肯定し続ける種類の人間なのでそれは実現せず、結局母が相続したAの遺産金全額で会社に返済しました。
母は離婚も考えましたが、40代前半(当時)までのおよそ15年間専業主婦で資格もなく、Aも祖母(母の母)も亡くなっていて身寄りがないため、それは難しい。
しかし、私を「犯罪者の娘」にしてはいけない、という判断から上の行動をとりました。
また、父が表面上は円満辞職した後の就職も、母が母方の親戚に頭を下げたおかげですぐできました。
父はその間腑抜けているかたまに泣くかでしたが、自分のしたことを心から反省している様子は私には伺えませんでした。
起訴はされず経歴にも傷はついてはいないとはいえ、実質犯罪者の遺伝子が自分にはあるのだ、自分はおそらく横領金で買った食べ物で育てられたのだと、私はまた同じ穴に落ちました。
私はまた軽い摂食障害(肉、油ものを徹底的に避ける)になりましたが、精神科や心療内科には通院経験がありません。
私は行きたいと一度言いましたが、母の「そんな所、気違いが行く所よ」という言葉(こんな失礼なことを書いてしまって本当にごめんなさい)に色々な意味でショックを受け、断念しました。

今でも上記の過去が私を酷く圧迫します。もっとも大学進学とともに摂食障害はほぼ治り、精神的にも前よりは安定しています。
ただこれらの「ばれてはいけない」過去が原因で、対人関係においてどうしても壁を作ってしまいます。
特に男性に対する不信感がひどいです。
3人の女性と子をなしたA、横領金で風俗に通い、自分のしたことをすっかり忘れた風に今も時たま風俗に通っているような父。
また、私は外見が男性に好かれやすいらしいため、痴漢は小学校の頃からあっていましたし、ストーカーまがいのことも何度かされました。
唯一上記を全て知っていて私を何度も救ってくれた親友も幼い頃に性犯罪の被害にあっています。
これらがおそらく原因で、男性から「性」の対象として見られると言いようのない嫌悪感を覚えてしまいます。

こんな自分を仕方ないと思う反面、人に壁を作る自分が嫌だと思う私もいます。
結婚に対する憧れもある反面、非常に冷めた目で見る自分もいます。
人を好きになれれば、男性を受け入れられれば、随分生きやすくなるのだろうなと思います。
私は他人を、男性を信じたいのに、あの過去や色々なことを思ってそれが上手くできません。
私はどうしたらこのようなことを乗り越えていけるでしょうか?乗り越えていきたいと今は本当に思っています。
Aのせいでも父のせいでも母のせいでもなく、自分のことを自分で処理できない私に全ての責任があるのは判っていますが、自分ではもうどうしようもなく、皆様のご意見をお聞かせ願えれば、と思って投稿しました。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事