いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

近年の子供の食べ物ぜいたくなのでは?

掲載日: 2006年7月12日更新日: 2020年12月22日

妻と7歳と4歳(いずれも息子)の4人家族の父親です。
子供の食べ物の与え方について以前から疑問を感じています。私と同じ家庭環境にあるご近所・友人関係などの家庭を見ていて、食事・おやつを子供に与える際など、子供に一番"おいしいもの"・"ぜいたくなもの"を与えるのが常識的な考えでいるケースが非常に多いように思います。

例えば

○食卓で「この○○がおいしいからたべなさい」と子供にその食卓に並んでいる一番いいものを与える。

○お菓子で安いものを子供に与えたら「おいしくないからいらない」といわれその家庭ではそれなりの価格のお菓子しか買わなくなった。

○食卓にジュースが当たり前のように並んでいる。(これは現代常識が崩れてきているからかもしれませんが...)

など言い出せばきりがありません。

"栄養がある"と言う理由で子供に与えるならわかりますが"おいしくないから"・"きらいだから"という理由で贅沢なものを与えているのはどうかと思います。
我が家でも妻が時々そのような行動をとっている場合がありますので注意します。

あるとき2家族で焼肉を食べに行ったとき、我が家の私たち夫婦は上ハラミ一人前680円×2・子供は普通のハラミ1人前480円×2人前を頼みました。ところがそのとき一緒に来た家族に「子供にもう少しいいもの食べさせてあげたら?」「子供だけかわいそう」といわれました。
私は全くかわいそうに思いませんし、何故そのように思えるのか理解すら出来ません。それどころかそれが子供に対する"思いやり"・"教育"だと考えています。

私のような考え方はおかしいのでしょうか?古い考え方なのでしょうか?


皆様のご意見よろしくお願いします。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事