いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

子供の伝染性単核球症について

掲載日: 2014年2月16日更新日: 2015年7月2日

5歳の娘が伝染性単核球症と診断されました。

今日で2週間経ちました。

39℃前後の高熱が1週間続き、肺機能の低下や異形リンパ球の出現、リンパの腫れ、いびき、喉の痛み、目の充血、瞼の腫れが見られました。

高熱後は平熱の日があったり、37℃後半の日があったりします。

最後の受診は11日目になります。

計3回の血液検査をし、肺機能は改善傾向にあり、炎症反応も問題なし。
このまま熱が落ち着けば、明日より登園してもいいと言われました。

咳と鼻づまりがあるので薬をいただきました。

ただ、まだ異形リンパ球が7%あるので、0になるまで完治させる必要があるため、2週間後に血液検査の予定です。

平熱が1日半ほど続き、もう大丈夫かと思ったら、37,5~38℃の熱が1日半続き、この繰り返しです。

本当にお熱あるの?と思うほど、元気で食欲もあります。
それだけが救いですが、こんなにだらだらと微熱が続いて大丈夫なのかと心配で仕方ありません。

何か別の病気?と思ってしまったり。

今夜も38℃ありました。

治療薬はないので、受診しても自宅安静しかないかと思いますが、来週にも受診しようかと思っています。

詳しい方、ご意見お願いします。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事