いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

高機能自閉症の息子 過保護?

掲載日: 2011年6月25日更新日: 2015年7月2日

生後1歳半から育ちの遅れを指摘されており、就園前は療育へ、幼稚園入園後も定期的な通院をしていました。
先日の発達検査の結果、精神年齢は5歳2ヶ月(実年令は5歳9ヶ月)で、IQは90
平均よりやや低く、ばらつきありとの結果でした。

医師からは
ごく軽度ではあるが高機能自閉症とみて間違いない。今後成長するにつれ、学習障害なども目立ってくるかもしれない。

支援学級とまでは必要ないが
苦手な分野に関しては通級なり加配の先生が必要でしょうとのことでした。


私の親世代は、それはかえって子供によくない(いじめの対象になりかねない)昔は大勢で揉まれるうちに強くなった、
今の子は囲われ過ぎで弱すぎる
という意見。

就学を控える母親仲間からは
過保護だし、一歩間違えたらクレーマーだと誤解されかねない。
という意見。

子供のため…って一体どこまでが子供のためなのか…
そもそも療育や通院、診断名は子供にとってはかえって負担だったのではないか
全くわからなくなりました。

子供が楽しく学校生活を迎えられたら…とだけ思っていたのですが

やはり私は過保護だったんでしょうか…

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事