いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

友達の事です。

掲載日: 2010年10月14日更新日: 2015年7月2日

友達の事です。

友達の兄夫婦は旅行が好きで共働きで3連休以上の時はほぼ旅行に行くらしいです。

でも兄夫婦は子供がおらず猫2匹・犬3匹・亀1匹・モルモット1匹を飼っていて世話を友達に頼むらしく…

妊娠中の臨月の時も片道50分歩いて兄の指定通り1日3回行ってたらしいです。

友達が結婚する時貯金など少ししかなくエアコンとテレビも兄さんに買ってもらったらしく頭があがらないらしいです。

兄さんの家に行くとペットシーツの掃除やモルモットのゲージの掃除に亀の掃除…毛が凄いので部屋の掃除…洗い物も置いて行くので洗い物もするそうです。

しかし子供が産まれてまだ生後1ヶ月なのでこれからは無理って事を伝えると
『散々世話になったくせに…ペットショップに預けて狭いゲージの中で一週間も可哀想だ。』と言われたらしく…
『じゃあ旅行をやめたら?』と言うと『毎日頑張って働いてる嫁が家事もペットの世話もせずに過ごせる年に10回あるかないかの事なのに…お前はやってもらった事も忘れてよく言えるなぁ』
との返答が来たらしいです。
独身の時に一人暮らしの敷金と礼金も兄さんが一人立ちのお祝いと全額出してくれたらしいです。

実際この前の3連休の時に生後1ヶ月の子をベビーカーで連れて行くのに凄く疲れたらしく早く兄の動物の世話から解放されたいらしいです。

毎回無償でお世話に毎日3回行ってる為夕食も作るのが疲れ果てて手抜きになり総菜を買う事も増え経済的にも負担があるようです。
やっぱり色々とやってもらったからには一生続けるしかないのでしょうか?見てて可哀想で…
私ならやってあげた…なんて口にしませんで『散々やってあげただろう』って気持ちの人は一生やってあげた気持ちが大きくて一生『やってあげた』って言い続けるんですかね?見てて寝不足もあり本当に疲れきった顔で…ちなみに親にも相談したらしいのですが親も色々援助してもらった事が8年前ぐらいにあるらしく今だにやってあげたのにって言われるので親としては自分で解決して欲しいらしいです。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事