いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

6歳の息子のバランス感覚

掲載日: 2015年11月6日更新日: 2015年11月7日

9月で6歳になった息子のバランス感覚について、ご意見いただければ、と思います。
当方、在仏です。

知能面では、まったく問題がなく、心配していないのですが、運動が全般的に不器用です。
といっても、公園で遊んだりしているのを見ると、だれもそのように思わないようですが、バランス感覚が悪いのが特に気になります。

2歳半のときに、託児所で、走り方がまだ赤ちゃんぽいということで、psychomotricien(精神運動セラピスト、というのでしょうか。)との面談をすすめられ、話を聞いたところ、母親(私)が息子をまだ赤ちゃん扱いしているから、彼はそのような走り方をするのだと言われました。
それから、常にずっと息子の運動能力について、心配するようになりました。

4歳の検診のときに、小児科医にも相談し、みてもらいましたが、特に問題はないと言われました。
幼稚園の年長さんのときは、担任の先生からは、成長段階でしょう、と言われました。
卒園する前にも聞いてみましたが、今まで体育の授業で怪我をしたわけでもないのだから、ちょっと運動が得意じゃないだけでしょう、と言われました。これも個性なのでしょうか?

基本的に、すばしっこい子ではありません。
サッカーを好きでやっていますが、同じ年齢の子供たちと比べると、動きがのろいです。
サッカーのほかに、空手も本人が気に入り、通っています。
日本に行く際は、いつもスイミングスクールに通わせています。水泳も上手と言えませんが、一応泳げ、大好きです。

走り方はずっと気になっていましたが、5歳の誕生日を過ぎた頃から、かかとがふくらはぎにつくような、いわゆる赤ちゃんぽくない走り方に変化してきました。

以下できること、不得意なこと、をまとめてみました。

<できること>

-補助輪なしの自転車 (4歳半のときに、2回チャレンジしただけでできるようになり、正直
まったく期待していなかったので、驚きました。)
-前転
-スキー(これもまったく期待していなかったのですが、半日レッスンで滑れるようになりました。リフトの乗り降りも、危なっかしいですが、ちゃんとできました。)

<できないこと、もしくは不得意なこと>

-ブランコをひとりでこぐのが苦手
-後転
-手をつかって、自分の体をもちあげ、塀などをピョンと飛び越えるのが苦手
-鉄棒
-縄跳び
-ボールを空中に投げ上げ、それをキャッチするが苦手。目と閉じてしまう
-けんけんとびが苦手
-階段の上り下りはちゃんとできますが、同い年の子供と比べると、なんだかぐらぐらしてみえます。そのため、走りながら階段を降りる際、スピードは遅い。

実は、トイレトレーニングがほんとに長く時間がかかった子で(できれば過去の質問、ご覧ください。)、9月から、こちらでは1年生になりましたが、今でもお迎えのときは今日も大丈夫だったかな?と気になります。幼稚園の年少さんのときは、毎日ほぼお持ち帰りの日々でした。年中さんの最後のほうになってやっと、お持ち帰りがなくなりました。

おもらしがなくなるのと同じように、運動能力もただ他の子よりも遅れているだけなのか?
それとも、何か身体的な問題があるのか?
ただ、運動はすべてバランス感覚によるものと思います。
同じようなお子さんをお持ちの方など、いらっしゃいましたら、ご意見いただけたら幸いです。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事