子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

子どもにどう教える? 意外に知らない正しい鼻のかみ方&練習法

2017年5月16日岡本有紗

風邪を引いたのか、鼻をグズグズさせている我が子。ティッシュを渡して「鼻をかもうね」と言ってみても、ピンとこない様子…。では、鼻のかみ方はいつから、どうやって教えればいいのでしょうか。鼻をかむことの大事さを含めて、耳鼻科の先生に伺いました。

鼻水は耳・鼻・のどのトラブルの要因!

鼻水がたまった状態が続くと、鼻はもちろん耳やのどにも悪影響が及びます。なるべく早く、自分で鼻がかめるようになった方がいいのは言うまでもありません」

こう話すのは、「笠井耳鼻咽喉科クリニック」の院長・笠井創さん。鼻水がたまっていることによる悪影響とは、どのようなものなのでしょうか。

鼻水は、鼻に侵入したウィルスや細菌、花粉などを排出するためのもの。外に出すべきものを出さないままにしていたら、当然、身体には良くありません。また、鼻水はそれ自体が雑菌などの温床になります。雑菌が鼻の奥につながる副鼻腔という空洞や耳の奥まで及ぶと、副鼻腔炎、中耳炎といったトラブルにつながります」

さらに、鼻づまりのために口で呼吸をすることになると、乾燥によってのどを傷めたり、風邪を引きやすくなったりするそう。たくさんのトラブルを引き起こす原因になる鼻水、「たかが鼻水…」と軽く考えてはならないのですね。


意外と知らない? 正しい鼻かみの方法

いろいろな悪影響を防ぐためにも、可能なかぎり取り除きたい鼻水。ただし、笠井さんは「だからといって、闇雲にかめばいいというものではありません」と注意します。

「鼻をすっきりさせたいと、いきなり強く鼻をかむと、耳に強い圧力がかかります。子どもの場合、この圧力だけで中耳炎を起こしてしまう場合があるので、注意が必要です

なるほど、鼻かみと言っても「正しい鼻かみ」である必要があるのですね。では、正しいかみ方とはどのようなものでしょうか?

原則は、片方ずつかむことです。また、一気に力を込めてガーッとかむ人も多いですが、それが一番危険です。何度かに分けて、少しずつかんでいくようにしてください。ゆっくり、小刻みに行うのがコツです

力を入れずにかめば、耳に不要な圧力がかかるのを防げるそう。子どもに教える前に、自分のかみ方は大丈夫か、見直しておきたいですね。


子どものための鼻かみ練習法

鼻かみを教えたくても、そもそも「鼻をかむ」とはどういうことかを知らない子ども。鼻のかみ方を教えるにはどうしたらいいのでしょうか?

「鼻に息を回して、片方の鼻から出す練習をさせましょう。具体的には、まずティッシュや毛糸の切れ端など、吹いたら簡単に飛ぶようなものを鼻の前に垂らします。次に口を閉じて片方の鼻の穴を軽く押さえてから、垂らしたものを鼻の息で動かせるかどうかを試してください」

大人には簡単に思える練習ですが、実は「子どもには鼻から息が出ているかどうかが意外とわかりにくい」のだとか。

何かを揺らしたり飛ばしたりさせることで、息を目に見える形にします。それを繰り返すことで、『今、鼻から息が出た』という感覚を覚えることができるでしょう。なお、練習は鼻に何の症状もないときに行ってください。なぜなら、すでに鼻づまりを発症している場合、鼻に息が通る感覚は普段よりさらにわかりにくいためです」

ところで、この練習が可能な年齢はどれくらいでしょうか?

「個人差はあるでしょうが、大人が話していることをある程度理解できたり、動作を真似したりするようになれば可能でしょう。早ければ、1歳半〜2歳くらいでもできるかもしれません

思ったより早めに開始できる鼻かみのトレーニング。日々の遊びの中に取り入れて、積極的に取り組んでいきたいですね!


鼻かみでの確認ポイント

鼻に息を回すことがうまくできるようになったとして、いざ鼻をかませる場面になったらどんな点に注意したらよいのでしょうか。

「片方ずつかむ、少しずつ息を出す、という正しい方法で鼻をかめているかチェックしましょう。また、とにかくこまめに鼻をかんで、鼻水がたまったままの状態を長引かせないようにするのが大切です。鼻水が取り切れていないと思うときは、自分でかませることにこだわらず吸引器などのグッズを利用するといいでしょう」

また、必要であれば、きちんと病院で治療することも重要とのことです。

「たとえば、鼻の粘膜が腫れていたら、どんなに上手に鼻かみをしてもすっきりしませんし、鼻が通った感覚を得られません。耳鼻科では、原因の診断はもちろん、今たまっている鼻水を取り除いて鼻を通す処置もできます。症状がひどい場合はまず受診したうえで、それから家庭でケアをするという形にしていただければと思います」

最後に、笠井さんは「鼻かみの指導は、時間に制約のある病院ではなかなかできません。家庭での実践が頼りです」と強調していました。今回教えてもらったトレーニングを楽しみながら練習していきたいものですね。

夏休みは家族で思い出に残る体験をしよう!

夏休みは家族旅行やイベントなど、親子でさまざまな体験をするチャンス。キャンプや海水浴で自然を満喫したり、遊園地やプールで体を動かして遊んだり。たくさんの思い出を作りましょう!親子におすすめの旅行先や夏休みのイベント情報をご紹介します。

体験&イベントを楽しむ夏休み特集2017

お話を聞いたのは…

  • 笠井創先生

    笠井耳鼻咽喉科クリニック 自由が丘診療室の院長。昭和58年 千葉大学医学部大学院卒。国保君津中央病院耳鼻咽喉科医長、国立がんセンター病院頭頚部外科医員、横須賀共済病院耳鼻咽喉科医長を経て、平成11年 笠井耳鼻咽喉科クリニック 自由が丘診療室を開設。

  • 笠井耳鼻咽喉科クリニック 自由が丘診療室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

岡本有紗

2児と猫3匹を育てるライター。メディカル系専門の広告制作会社でライティングと編集業務を経験後、出産を機にフリーに。得意分野はやはりメディカル系だが、いろいろな分野を経験し幅を広げたいというのが現在の目標。趣味はあえてチープな手段で行く一人旅(休止中)、特技はハモリと絶対音感。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの記事