子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

2017年 親子のハロウィン事情に関する調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
17/09/21 15:00
アクトインディ株式会社

【2017年 親子のハロウィン事情に関する調査結果】
新しさが求められるハロウィン、育児世代の約半数が望む
~子供の仮装はミニオンが急浮上~

アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」( http://iko-yo.net/ )は、10月のハロウィンを前に、子供を持つ全国の親390名を対象とした親子のハロウィン事情に関するアンケート調査を実施しました。

 

【総括】

恒例行事として定着したハロウィン。しかし、衣装や飾りつけ、料理といった部分にマンネリを感じている親が約半数もいる。インスタグラムなどで他者を参考にしながら、新しさを求める動きが見られる。

また今年のハロウィンの仮装で注目したいのはミニオン。USJのキャラクターとしてミニオンが仲間入りした2015年にもミニオン仮装が流行したため、衣装に悩む親子は過去の仮装を参考にすることも可能だろう。2015年のブームからさらに進化したミニオン仮装が見られるのではないか。

 

【本リリースのポイント】

============================================

1. 約8割がハロウィンに参加

-ハロウィンスイーツは作る派よりも買う派が圧倒的多数。

 

2. ハロウィンにミニオンブーム再来

-子どもの仮装では、男の子・女の子ともにミニオンが急浮上!今年は町中ミニオンズという光景が見られるかも?

 

3. ハロウィン予算は年々縮小

-定着したイベントということもあってか、衣装や飾りつけは使いまわしという家庭も多い。そのためか、ハロウィンにかける予算は昨年よりも縮小している傾向がみられた。

 

4. 親子のハロウィンは子供優先

-ハロウィンに関わるのは「子供が喜ぶから」という理由が一番。ハロウィンに参加する家庭では、3人に1人が大人も楽しんでいるという結果。

 

5. マンネリハロウィンの脱却方法はあるか?

-約半数がハロウィンにマンネリを感じているという現状。使いまわしているハロウィングッズや定番のカボチャ料理がマンネリ感をもたらしているようだ。

============================================

 

1. 約8割がハロウィンに参加

Q. 家族でハロウィンに関するイベントなどを行う予定はありますか? (単一回答、n=390)

 家族でハロウィンに関するイベントなどを行う予定はありますか?

83%がハロウィンに参加。「何もしない」と答えた割合は過去のいこーよ調査と比較すると減少。2015年19%→ 2016年20%→ 2017年は17%。

 

Q. 予定しているイベントは何ですか? (複数回答、n=322)

予定しているイベントは何ですか?

子供の仮装51%、スイーツ購入42%。ハロウィンに予定していることを質問したところ。例年と変わらず、子供の仮装が一番人気となっていた。続いてハロウィンスイーツの購入が人気となっているものの、手間のかかるお菓子作りについては19%と一部の人に限られている様子がうかがえた。

 

2. ハロウィンにミニオンブーム再来

Q. お子様はどのような仮装をする予定ですか? ※子供の仮装を予定している方に質問 (自由回答)

男の子 人気仮装の第3位に「ミニオン」がランクイン!

魔法使いやドラキュラといったハロウィン定番仮装に続いて、今年新しく上位に入った仮装が「ミニオン」。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に今年登場した「ミニオン・パーク」に加えて、今年公開された最新映画の影響で、より人気が高まっていることがハロウィンの仮装にも表れている。

 

女の子 人気仮装の第4位に「ミニオン」がランクイン!

定番の魔女に続いて、女の子の憧れ「プリンセス」は人気が高く、ソフィアやエレナといったディズニープリンセスも含まれていると思われる。シンデレラも含めるとさらにプリンセス割合は高くなる。また、男の子と同様に今年注目したいのが「ミニオン」である。男女問わずミニオン人気が高いことがうかがえる。

 

3. ハロウィン予算は年々縮小

Q. 今年のハロウィンにかける予算はいくらですか? ※ハロウィンにイベントなどを予定している方に質問 (単一回答、n=299)

1,000円未満が3割を超える。昨年と比較し、増えているのは「0円」、「1円以上1,000円未満」の層であり、年々ハロウィンにかける予算が減ってきている。特に、「3,000円以上5,000円未満」の層が前年よりも6ポイント減少している。仮装用の衣装や部屋の飾りつけなどは使いまわしができるため、ハロウィングッズにかかるコストが減っていることが影響しているのではないか。

 

4. 親子のハロウィンは子供優先

Q.ハロウィンイベントなどに参加する理由は? ※ハロウィンにイベントなどを予定している方に質問 (複数回答、n=288)

子供が喜ぶという理由が約8割。親子がハロウィンに参加する理由で一番多かったのが「子供が喜ぶから」で、「季節の行事として楽しみたいから」という理由が5割と続き、「大人も楽しめるイベントだから」が約4割であった。「インスタなどのSNSに写真を投稿したいから」という時代を象徴するような理由も一定の割合でみられた。

 

5. マンネリハロウィンの脱却方法はあるか?

Q.ハロウィンでマンネリと感じることはありますか? (複数回答、n=353)

 

48%がハロウィンにマンネリを感じている。特に部屋の飾りつけや仮装衣装といった、一度購入すれば使いまわしが可能なものに対して、マンネリに感じている割合が高いことがわかった。

 

【マンネリだと感じる理由について紹介】

 そこそこハロウィングッズも揃ってきて、子供の仮装以外は毎年ほとんど同じになっています。(4歳女の子のママ)

 あまりお金をかけたくないため、家にある飾りが毎年一緒だから。(8歳男の子のママ)

 どうしても、カボチャメインで飽きてしまう。(7歳男の子のママ)

 カボチャがあまり好きじゃない子供達。レパートリーに困る。(10歳女の子のママ)

 写真とるぐらいがメインだから。(1歳女の子のママ)

 

【脱・マンネリのための新しい試みを紹介】

 装飾品を子供と手作りしてみようと思ってます。(4歳女の子のママ)

 いつもは購入しないような飾りを買ってみたり、音や映像も取り入れてみようと思います。(7歳男の子のママ)

 いつも私と子供で飾り付けをしているので、主人にアイデアをもらって、シックな飾り付けにしたい。(5歳男の子のママ)

 ご飯に着色料を使ったりインスタ映えするものに挑戦したい。(2歳男の子のママ)

 パパにも仮装させる。(4歳女の子・8歳女の子のママ)

 インスタなどを見て、やったことのない飾りつけやお料理に挑戦してみようと思います。(1歳男の子のママ)

 仮装を親子でしてパークに行く。(0歳女の子・5歳男の子のママ)

 世界史を学び、中世、古代の生活様式から衣装を学ぶ。(8歳女の子・10歳女の子のママ)

 

▼アンケート概要  

【実施方法】 「いこーよ」サイト上で実施

【実施期間】 2017年8月7日~9月4日

【有効回答数】 390名 

【回答者プロフィール】 全国のパパ・ママ

【TOPICS】 「いこーよ」内の特集について

 

■おやこで楽しもう!ハロウィン特集2017

http://iko-yo.net/topics/halloween

いこーよとは?

「いこーよ」(https://iko-yo.net/)は、2008年12月にサービスを開始した、親子でお出かけする場所を探す情報サイトです。「いこーよ」を通じて、次世代を担う子ども達の笑顔が増え、感謝の気持ちをもった子ども達が育ち、良い社会を創りたい。そんな気持ちでサイトを運営しております。

本ニュースリリースに関するお問い合わせ先

アクトインディ株式会社 広報担当
【電話】03-5435-1055 【FAX】03-5435-0564 【メールアドレス】pr@iko-yo.net
  • 調査データを引用・転載の際は「子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』調べ」とクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
  • 調査データご使用に関しては広報窓口(pr@iko-yo.net)までご一報くださいますようお願いいたします。