子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

「いこーよ」×「ばうむ」高知県の間伐材を使用した学習机を共同開発

14/05/30 16:00
アクトインディ株式会社

「いこーよ」×「ばうむ合同会社」
高知県の間伐材を使用した学習机を共同開発
~子どもたちが自分で切った木で机を作る「学習机作成ツアー」も今秋開催~

 国内最大級の子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社(本社:東京都品川区、代表:下元敬道)と、高知県で木材加工事業を行うばうむ合同会社(本社:高知県長岡郡、代表:藤川豊文)は、子育て中の親の声を取り入れ、高知県の間伐材を使用した新しい学習机を共同開発しました。

 今回開発した学習机は、想いを込めて学習机を選びたいという親の気持ちと、日本の森を守り、子どもたちの世代に残していきたいという生産者の思いがひとつになった製品です。子育て中の親を対象に実施したアンケートで多く聞かれた「シンプルさ」や「耐久性」を実現した、パパ・ママ・子どもに優しい学習机になっています。

 また今年の秋には、自分で切った木で机を作る「学習机作成ツアー」も高知県本山町で開催します。9月に子どもたちがのこぎりで一本の木を伐採、木工体験を行い、2ヶ月間の木材乾燥後、11月に再び工房を訪れて机の制作を行います。自然のものを材料にして制作するのには、長い時間と、多くの人の手を経ていることを感じることができるプログラム構成となっています。

 「いこーよ」は今後も体験やおでかけを通して、自然の尊さを学び、感謝の気持ちを育む機会を創出していきます。


◆製品紹介ページ  http://iko-yo.net/partners/baum ◆




────────────────────────────────────────
■学習机のポイントは「長く使える」&「コンパクト」
────────────────────────────────────────

 「いこーよ」が子育て中の親を対象に実施したアンケートによると、子どもの学習机を選ぶときの条件として最も多く挙がったのが「シンプルさ」。小学生の間だけでなく、大人になってからもずっと使い続けられる机を選んであげたい、そんな親の気持ちが表れています。また、大きな机よりもコンパクトさを重視する声が圧倒的に多く、マンション等、今のファミリーの住宅事情も表れる結果となりました。


【子どもの学習机を選ぶとき重視することは何ですか?(複数回答)】 回答数:118
シンプルさ         65人
成長に合わせて高さが変更できる 63人
長く使える耐久性     58人

整理整頓のしやすさ     53人
学習に集中しやすい工夫     38人
国産木材使用         22人
机と本棚を分離し組み換えられる 22人
カスタムできる         11人
職人の手作り          5人
低価格(値段) 3人
収納が多い 2人
ベッド一体型 1人



【希望する学習机の大きさ】
コンパクトな机  94%
大きな机 6%


【自由記入】
・木の温かみを感じられる机を息子に長く大切にして欲しいです。
・兄弟で並べても邪魔にならない程度の大きさの机が欲しい。
・使用しているキャラクターなどが、あとで取り外せる。
・子供が毎日机に向かいたくなる机。
・マンションのリビングでも使えるコンパクトな机。

・孫の代まで使える机。
     等


※アンケート概要
調査期間:2014年4月14日~2014年4月24日   
調査方法:web上で実施   
回答数:118名 

いこーよとは?

「いこーよ」(https://iko-yo.net/)は、2008年12月にサービスを開始した、親子でお出かけする場所を探す情報サイトです。「いこーよ」を通じて、次世代を担う子ども達の笑顔が増え、感謝の気持ちをもった子ども達が育ち、良い社会を創りたい。そんな気持ちでサイトを運営しております。

本ニュースリリースに関するお問い合わせ先

アクトインディ株式会社 広報担当
【電話】03-5435-1055 【FAX】03-5435-0564 【メールアドレス】pr@iko-yo.net
  • 調査データを引用・転載の際は「子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』調べ」とクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
  • 調査データご使用に関しては広報窓口(pr@iko-yo.net)までご一報くださいますようお願いいたします。