子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

miyumiyuさんの体験記

Large

miyumiyuさん

yohuちゃん(10歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
130124
おすすめコース
表示回数:8,034
miyumiyuさん

【親子で楽しめるアートスペース】横浜美術館

横浜美術館で月に3回ほど開催されている「親子のフリーゾーン」に行きました。
「えのぐ」や「ねんど」や「かみ」を使って、親子で自由に造形を楽しめるスペースです。

美術館周辺には商業施設も充実しているので、ランチ・ショッピングも楽しめます。

開催時間前に整理券をもらおう

10時から入場(プログラムは10時〜11時半)できますが、定員制(晴天時:600人、雨天時および冬期:500人)のため、当日の9時45分から入場整理券が配布されます。

少し早めに到着しましたが、すでに長蛇の列。
整理券をもらい、ホっと一安心。

土ねんど

普段使っているのは、油粘土や小麦粉粘土。
子どもたちは土粘土を初めて触りました。
硬さもちょうどよく、ひんやりした感触は気持ちよかったようです。

2歳妹は「えのぐ行く〜」っと、言い出したけれど、6歳姉は「もうちょっと、ねんどやる〜」っと、父とじっくり恐竜作ったりして、楽しんでいました。

えのぐ

二人とも始めは筆を持ち、壁に貼ってある紙に描いていましたが、そのうち、手も足も絵の具だらけになってました。

2歳妹は、ぬるっとした絵の具の感触、混ざり合う色を見て、不思議そうな表情をさせながら、飽きずにずーっとペタペタ。
6歳姉は、足をあげてアクティブに動いてました。
顔に塗りたくっている子もいたり、解放されている感じが伝わってきました。

親も絵の具がピチっと飛んで来たり、子ども(他の参加者も含)が触ってきたりするので、汚れてもいい格好がオススメです。

「かみのコーナー」も楽しみにしてましたが、タイムアウト。
また来ることを約束して、お片づけをし、全身着替えて、終わりにしました。

横浜美術館

残念ながら展覧会は会期前のため、見れず。
ミュージアムショップに立寄り、ちょっと変わった折り紙を買いました。

子どもが好きな絵本のキャラクターグッズなどもあるので、見るだけでも楽しめます。

何でも揃う!マークイズ

横浜美術館の目の前にある商業施設。
ランチ目的で入りましたが、ベビーキッズ用品も充実しているので、
ついついショッピングも楽しみました。

マークイズのフードコート

ランチはマークイズのフードコートにて。
気軽に食べられるので、フードコートはよく利用します。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック