子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

8/27 夏休みの無人島探検隊!in千葉 [海と日本PROJECT]の最新情報

2018-8-27(月)~8-28(火)

8/27 夏休みの無人島探検隊!in千葉 [海と日本PROJECT]

千葉県館山市八幡822たてやま温泉夕日海岸昇鶴
このイベントは終了しました。
いこーよでは楽しいイベントを毎日更新!

8/27 夏休みの無人島探検隊!in千葉 [海と日本PROJECT]のお知らせ

2018年09月04日 15時52分

【イベントレポート】

【イベントレポート】
千葉県館山市にある無人島“沖ノ島”で、親子で夏休みの無人島探検!
島に住む生き物と生態系をテーマに、「無人島探検」「貝殻標本作り」「磯での観察」を通して、”海の豊かさ・多様性・人と生活と海とのかかわり” を学びます。

一般社団法人次世代価値コンソーシアム(東京都品川区/代表:王麗華)は、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社(東京都品川区/代表:下元敬道)と共同で、海を学ぼう!海を味わおう!海を体験しよう!をコンセプトに、1泊2日の千葉県館山市での体験合宿プログラム「夏休みの無人島探検隊!In千葉県館山市 [海と日本PROJECT]」を開催しました。

今回のプログラムは、日本財団が推進している「海と日本PROJECT」の体験モニターツアーです。

次世代を担う子ども達を中心に、より多くの方々に「海の日」について考えて頂き、「海への好奇心」をテーマにしたムーブメントとなることを目指しています。

1日目はワクワクの無人島探検へ!
1日目は、海辺の鑑定団さん(現地のネイチャーガイドさん)による沖ノ島の成り立ち、自然環境のお話から始まります!

沖ノ島には、「ヤシの実」が流れ着くことも。他にも「海ガメの頭の骨」や、沖ノ島に多く打ち上げられている「タカラガイ」などについてもお話があり、親子で実物を見て、触って、注意深く観察し、学んでいました!子供たちが積極的に質問する姿も印象的ですね!

その後は、実際に、沖ノ島で冒険スタートです!
海辺の鑑定団さんに付いて漂流している海藻を触り、観察したり、イルカの骨を見つけたりと、道中、様々なものを発見し、学びつつ、どんどん沖ノ島を進んでいきます!

タカラガイ探しのポイントへ到着!足元には、ジャリジャリと貝がいっぱい!ここで、タカラガイを探していきます。ただ、そう簡単には見つからないタカラガイ。子供たちは、海辺の鑑定団さんに、見つけるコツを聞きながら、タカラガイを見つけていきます。


その後は、沖ノ島の洞窟へ!

この豊かな自然を守ることも本プログラムで学んでほしい大切なことです。


2日目は標本作りと、磯遊びに挑戦
2日目は、1日目に拾ったタカラガイや他の貝を元に標本を作ります。ガイドブックや辞書を見ながら、何の貝かを確認しながら作成していきます。

その後は、1日目にはなかった、干潮で姿を表した磯へ! 海辺の鑑定団さんから磯遊びのルールを教わります。いざ磯に出ると、海の生き物がたくさん!

見つからないように動かないカニや、せわしなく動くヤドカリや、小魚たち!子供たちは積極的に水の中に手を入れ、磯の生き物を捕まえて観察します。積極的に質問を行い、体験しながら、学んでいきました。

普段はなかなか訪れることがない無人島で学ぶ1泊2日の体験合宿。

実際に、現地のネイチャーガイドさん(海辺の鑑定団さん)に教えてもらったことで、参加した親子にとって、海の生態系についてはもちろんのこと、豊かな海を大切にする気持ちを育み、今までよりも海を身近に感じる貴重な2日間になったようです。


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • チェック