子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

りょうママさんの体験記

りょうママさん

りょう(中学生以上)

お出かけ大好き、下調べも大好きです。 子どもと一緒にお出かけできるのも今のうちかなと、せっせと計画を練っています。

レベルフォローフォロワー参考になった
740261,377
おでかけ日記
2017年12月29日(金)
表示回数:7,920
りょうママさん

巨大水槽の前で魚を見ながらお泊り、水族館でたくさんのスペシャル体験♪

トロピカルアイランドナイトステイに参加してきました!!
水槽の前で一晩過ごせる特別感。夜の水族館を探検できたり、普段できない体験がいっぱいで、ワクワクしっぱなしの一泊二日でした。

小学1年生から参加でき、ゴールデンウィークや夏休みにも開催されているようです。
今回は大人9000円、小中学生7000円でした。冬季だからでしょうか、夏よりリーズナブルになっていました。料金の中に、2日分の入園料、夕朝食ビュッフェ、イルカにタッチと写真、裏方見学と子ウミガメ抱っこ、夜の水族館探検が含まれていて、お得に感じましたよ。
特典として、ディスカバリーガイダンスの事前予約ができるのも魅力的でした。

現在、2~3月のシャチスペシャルナイトステイ の参加者募集中のようです。

ディスカバリーガイダンス『ラブリードルフィン』

今回、高速バスを利用して鴨シーに行ってきました。浜松町から2時間半、バスの中は混みあうこともなく、ゆったり快適な移動でした。浜松町の乗り場は駅直結の室内なので、寒い思いをしなかったのも良かったです。
10時半過ぎ、定時に鴨川シーワールドに到着しました。

11:30『ラブリードルフィン』参加。
ディスカバリーガイダンスの中でも、開催数と体験人数の少なさでチケット購入が困難と思われる『ラブリードルフィン』を、特典の事前予約でゲット。
ラブリードルフィンは小学5年生以上、135センチ以上で参加できます。
胴まである長靴を履いてイルカプールに入り、いっぱいふれあえました。水の掛け合いをしたり、指示を出して歌を歌わせたり、イルカのお話をいっぱい聞けて、大満足の体験でした。

ロッキードワールドへ

アシカ、アザラシ、イルカ、ペンギンなどがいるロッキーワールドを見学。
どこの水槽も見ていて飽きないですね。

この後、13:00のシャチのショーを観賞。到着したのはショー開始の30分前、場所取りに出遅れ前から6列目で見ました。大丈夫かな~なんて、ビニールで防御だけしながら見ましたが、そりゃもうがっつり濡れました。

13:30頃、シャチのショーでしっとりした服を乾かしながら、フードコート『マウイ』で食事をしました。この時間、それほど混みあっていませんでした。
シャチを見ながら食事できるレストラン『オーシャン』、隣接しているシーワールドホテルのバイキングレストラン『サンクルーズ』も人気のようですが、外にもたくさんのテーブルとイスがあり、ショップのポテトや焼きそばなどで食事を済ませるかたが多い印象です。テイクアウトの食事は、ショー待ちしながら会場でも食べられるので、天気さえ良ければ食べる場所に困ることはなさそうです。

カクレてないクマノミ

そのまま暖かいトロピカルアイランドへ。
巨大水槽の前で「ここで泊まるんだよ」なんて話をしながら、熱帯魚やウミガメやエイなどを見学。カクレクマノミがたくさん泳いでる水槽が子どもたちに人気でした。

南の海を再現している水槽は見ごたえ抜群です。

受付とくじ引き イルカにタッチ

15:30、レストラン『オーシャン』の隣のレクチャーホールに集合。受付と同時に就寝場所を決めるくじをひきました。くじの早い順から好きな場所を確保できるそうです。
くじの順番は、可もなく不可もなく、ちょうど真ん中ぐらいでした(笑)

16:10から、サーフスタジアムにて『イルカにタッチ』。
1人ずつイルカにタッチして、写真を撮ってもらえました。バンドウイルカにタッチできました。イルカってやっぱりかわいいですね。

裏方見学と子ガメをだっこ

16:30、水族館の裏方見学ツアー出発。
解説のお姉さんお兄さんは、魚の搬入の仕方など丁寧に教えてくれたり、魚を傷つけないための特殊な網や、サメを運ぶ担架のようなものなど、説明しながらたくさん触らせてもらいました。
アカウミガメの説明を聞きながら、1歳の赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。孵化した時は5センチくらいなのに、いっぱい食べて1年でこんなに大きくなるんだそうです。なぜ大きくならなければいけないのか、なぜお腹は白いのかなど、興味深いお話をたくさん聞くことが出来ました。

レクチャーホールに戻った時に、イルカにタッチの時の写真をもらえました。

大水槽の前で寝場所決め

17:40、荷物をトロピカルアイランドへ移動し、寝場所決め。
1番のチームから、好きな場所に寝袋を敷くことが出来ます。やっぱり1番人気は水槽の前でした。私たちは2列目でしたが、水槽が大きいため、がっかり感はなかったです。上にも水槽が見える窓があり、その下も人気でした。

寝袋は1000円でレンタルできました。この日は、持参するかたよりレンタルされるかたが多いようでした。

おいしい夕食

17:55、レストラン『オーシャン』にて夕食ビュッフェ。
期待以上においしかったです。高級食材がいっぱいあるわけではなかったのですが、揚げ物は揚げたてでサクサクでしたし、デザートは冷え冷えでいっぱい食べちゃいました。種類も思った以上あって満足できました。

シャチの見えるレストランでしたが、夜でプールも真っ暗なので、近くに来た時にしか見えませんでした。

ナイトアドベンチャー

19:00、ナイトアドベンチャーに出発。
眠りについてるトドやアザラシなどを見学しながら、解説してもらいました。
ペンギンはつま先を上げて、くちばしをわきの下に入れて眠るんだそうです。なぜこんなポーズをするのかとか、なぜイルカは寝る時片目開けているのかとか、楽しいお話をいっぱいしてもらいました。
夜のシャチもかわいかったです。

お風呂、就寝

20:15、シーワールドホテルの大浴場で入浴。
希望者のみということで、そのまま就寝されているかたもいらっしゃいました。
お風呂の時間は割とゆったりありました。お風呂があまり広くないので、のんびりはできませんでしたが、とっても温まりました。

22:30、消灯。
トロピカルアイランドの部屋は暖かく、薄い寝袋だけで全然寒くありませんでした。
部屋は暗くなりましたが水槽はうっすら明るく、夜中に目を開けると魚たちがいっぱい見えて、まるで海の中で眠っているような不思議な感覚でした。夜行性のサメが活発に泳いでいるのが見られたのもうれしかったです。
近くでスタッフのかたも一緒に眠ってくれているので、心配もありませんでした。

開園前に荷物移動

7:00、起床、洗面。
皆さん早目に起きて、静かに支度をされていました。洗面はトイレを利用しました。

7:30、寝袋などの荷物を全部持ち、受付したレクチャーホールへ。
まだ誰もいない早朝の水族館を歩くのも楽しかったです。

朝食ビュッフェ

8:00、シャチを見ながら朝食。
シャチを見ながらのおいしい食事。パンも焼き立てみたいでサクサク、夕食同様満足できました。
シャチのプールに日が差し込んで、キラキラと光ってとても綺麗でした。

9:00、レクチャーホールに戻り、解散。
最後のご挨拶を聞いて、この日分の事前予約していたディスカバリーガイダンスの清算をしたりして解散となりました。

シャチのショー

10:00からのシャチのショーの場所取り。
前日出遅れた場所取り。今回は早目に行って最上段のイスを確保しました。ここなら安心して見ていられます(笑)
迫力のある素晴らしいショーでした。朝日がキラキラで、一層素敵に見えました。
この回も、かなり水のかかっている席がたくさんありました。上から見てると楽しかったです。

ディスカバリーガイダンス『トロピカルアイランドコミュニケーションタイム』

10:50、『トロピカルアイランドコミュニケーションタイム』に参加。
特典で事前予約していた、2つ目のディスカバリーガイダンスです。
一晩中目の前にあった大水槽、その中を泳いでいるエイやサメに餌をあげられました。

イルカのショー

12:30のイルカショーの場所取り。
イルカショーは濡れないので、前の方で見やすい真ん中2列目で場所取りしました。休憩を兼ねて早目に場所取りしたので、順番に軽食を買いに行ったり、他の生き物を見に行ったり、時間までのんびり過ごしました。
やっぱり色んな芸ができるイルカはすごいです。とっても楽しかったです。

海ほたるで早目の夕食

13:30頃、退園。
鴨シーの目の前のバス停から高速バスに乗り、木更津金田バスターミナルで川崎行きのバスに乗り換えました。
海ほたるで一旦降車して、早目の夕食を取ることにしました。
海の見えるフードコートで、それぞれ好きなものをいただきました。

綺麗な夕日

食事を済ませてバス停に向かおうとしたら、綺麗な夕日が!
この日は空気が澄んでいて、富士山もスカイツリーもはっきり見えました。
早目に帰路に着いたら、こんなに素敵な景色が見えて感動しました。

思い出に残る1泊2日

大水槽の前で夜を過ごせたこと、夜の水族館を探検したり、たくさんの海の動物とのふれあいができたこと、最後に素敵な景色に出会えたこと。

間違いなく、素晴らしい一生の思い出になりました。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック