子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

【体験レポート掲載中!】漁師(船上)のお仕事をしよう!の最新情報

2019-9-14(土)

【体験レポート掲載中!】漁師(船上)のお仕事をしよう!

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253−10
このイベントは終了しました。
いこーよでは楽しいイベントを毎日更新!

【体験レポート掲載中!】漁師(船上)のお仕事をしよう!のお知らせ

2019年09月20日 16時28分

【イベントレポート】

【イベントレポート】

茨城県の大洗漁港で漁師のお仕事にチャレンジ!
日本財団「海と日本PROJECT」の一環として、海のお仕事図鑑プロジェクト実行委員会と子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」の共同プロジェクト【海のお仕事プログラム】が今年も絶賛進行中! 海のお仕事体験を通してたくさんのことを学びながら、海で最高の思い出作りもできる小学生向け大人気プログラムです!


その第10弾として、9月14日(土)「漁師のお仕事をしよう!@茨城県」が、茨城県の大洗漁港で開催されました。

海にまつわる基礎知識を学びました!
今回、子どもたちがチャレンジするのは、全国でも珍しい「一艘びき漁(いっそうびきりょう)」のお仕事! 「一艘びき漁」は、魚群の周りに円を描くように網を流して魚をすくいあげる漁獲方法で、生きたままの新鮮な魚を水揚げできることが特徴です。「一艘びき漁」で新鮮な魚を獲ることが子どもたちのミッションです。


親潮と黒潮がぶつかる大洗の海は、魚のエサとなるプランクトンが豊富。1年を通して様々な種類の魚が獲れることで有名な漁場です。今回お世話になる漁師さんから、そんな大洗の海の特徴やどんな魚がいるのかを教えてもらいました。


子どもたちはクイズ形式で出される問題を熱心に答えながら、最後までしっかり集中してお話を聞くことができました。大洗の海で獲れる魚の漢字[イワシ(鰯)、ヒラメ(鮃)、カレイ(鰈)、ホウボウ(魴鮄)など]も教えてもらい、学び多き時間に!


次は、実際に漁で使う網袋の中に入って、どのように魚が獲れるのか教えてもらいました。網の奥に入るほど、どんどん狭くなり逃げ道がなくなることを身をもって体験し、これからチャレンジする一艘びき漁について、さらに理解を深めることができました。

本格的な漁船に乗って一艘びき漁へ出発!

講義を終えたら、いよいよ沖に出て一艘びき漁のスタートです。今回、子どもたちが乗る船は、お客様用のイベント船ではなく、実際に漁で使われている本格的な漁船。漁師さんに手を貸してもらいながら、漁船へ乗り込んでいきます。


魚群探知機で見つけた漁のポイントに向かってとても速いスピードで走る船に、最初は緊張を隠せず不安そうな様子の子どもたちでしたが、沖に出るにつれて真剣な表情に! 漁師さんが指さす方向を一生懸命見ながら、キリっとした顔つきに変わっていきます。


移動するのも大変なくらい揺れる漁船に「酔いそう・・・」という声が漏れました。そんな中、軽々と船の中を歩き回る漁師さんの後を、子どもたちは足を踏ん張りながら追いかけていきます。


いよいよ網の引き上げです。想像以上の重さに驚きながらも、みんなで力を合わせて引っ張り続けること数分、網にかかった魚が徐々に見えてきました。「いっぱい魚がいる!」と思わず歓声が上がります。


大きく揺れる船に、どっしり重い網引き。自分たちの力で引き上げた大量の魚を見て、子どもたちは笑顔になりました!


獲った魚の鮮度を保つため、すぐに氷を入れていきます。「こうして獲った魚をみんなが美味しく食べてくれることが嬉しいから、大変な仕事だけど頑張れる」と漁師さんから聞いて、子どもたちも目を輝かせていました。

お仕事の大変さとやりがいを同時に学べました!

無事に漁を終えて、陸に到着! 漁船を降りた子どもたちは、ホッと安堵の表情を浮かべながら、獲ったばかりの魚が目の前に並べられていくのを見守ります。

今回の一艘びき漁で、約20キロのシラスを獲ることができました! 大変な漁師のお仕事を、みんなで力を合わせてやり遂げた証です。


漁師のお仕事に向き合い、無事にミッションを終えた子どもたち。漁師さんから感謝の言葉とともにお給料を渡され、自信に満ちた表情で受け取りました。

一日の感想を子どもたちに聞いてみたところ「船がすごく揺れてびっくりした」「あんなに揺れる船の上で毎日働いている漁師さんはすごいと思った」「実際に経験してみたら大変だった」など、船の上で働く漁師さんの大変さを実感したという声が数多く上がりました。

そのほかにも、「大変な思いをして獲った魚だからこそ大事に食べたい」「網を引っ張るのは疲れるけど魚がたくさん入っているのを見たら元気が出た」「ホシザメを初めて見てテンションがあがった!」「見たことのない魚をいっぱい見ることができて楽しかった」といった前向きな感想がたくさん飛び出しました。漁師というお仕事の大変さを、身をもって体験できたと同時に、楽しさを見出すことで、それがお仕事のやりがいに繋がることを知り、うんと成長できた貴重な一日となりました!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • チェック