子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

海のお仕事図鑑 養殖業

海のお仕事図鑑

もっと知りたい!養殖業のお仕事

養殖業
どんな種類の魚を養殖しているの?
マダイやブリ、クロマグロなどは天然てんねん物よりも養殖ようしょく物のほうが多いと言われています。養殖ようしょくのために使う魚や貝の子どもを「種苗しゅびょう」と言い、魚の種類しゅるいによって種苗しゅびょうの作りやすさがちがうので、養殖ようしょくがしやすい魚とそうでない魚があります。安定てきによりたくさんの種類しゅるいの魚を食べてもらえるよう研究がつづけられています。魚以外いがいにもアワビやホタテ、カキなどの貝るいや、ノリやワカメなどの海そうるい養殖ようしょくされています。

ブリ

養殖業
ブリは養殖ようしょく業の生産量せいさんりょうナンバーワンの魚です。海水温18~27℃ほどの海で行われ、エサはイワシやアジなどの生魚や、栄養豊富えいようほうふなモイストペレットとばれるものを使います。稚魚ちぎょから約10か月ほどで重さ2~3kgに成長せいちょうし、一回り大きいいけすにうつった後で重さ5kgくらいになると全国に出荷されます。

マダイ

養殖業
養殖ようしょく用の種苗しゅびょうが手に入れやすいことから養殖ようしょくがさかんにに行われ、生産量せいさんりょうはブリについで国内2です。お店にならぶようになるまでおよそ2年ほどかかります。マダイは長いあいだ太陽光をびると体が黒くなるため、いけすの上を黒いシートでおおうのが特徴とくちょうです。

カンパチ

養殖業
日本の南がわのあたたかい海で多く養殖ようしょくされ、養殖生産量ようしょくせいさんりょうは第3です。カンパチは水面より上にぶことがあるので、いけすから飛び出さないように天井にあみを張っておきます。また寄生虫きせいちゅうがつきやすいため、いけすを清潔せいけつにしておく必要ひつようがあります。出荷できるサイズの3キロ以上になるまでにおよそ2年かかります。

クロマグロ

養殖業
世界中で人気のマグロは、天然てんねんものが少なくなっているため養殖ようしょくが期待されています。体重100~500gのマグロの子どもを自然しぜんの海でつかまえて、2~3年かけて50kgくらいの大きさにまで育てます。他の魚は人工エサを使うことが多いですが、養殖ようしょくマグロのエサのほとんどは生魚です。

トラフグ

養殖業
海の中にあみをはって育てる「海上養殖ようしょく」と、陸地りくちに水そうを作って育てる「陸上養殖りくじょうようしょく」の2種類しゅるいがあります。5cmほどの大きさの赤ちゃんを、2年かけて1~1.5kgまで成長せいちょうさせます。フグのするどい歯でフグ同士どうしきずつかないように、一ぴきずつ「歯切り」を行います。フグの養殖ようしょくで一番大変たいへんな作業といわれています。

ヒラメ

養殖業
ヒラメ養殖ようしょくのほとんどが陸地りくちでプールのような水そうで育てる「陸上養殖りくじょうようしょく」で行われています。エサには栄養えいようバランスのとれた人工エサを使い、赤ちゃんのころは1日3~4回エサやりをします。大きくなったら小さな生魚をあたえます。およそ1年半ほどで、お店にならぶ1kgぐらいのサイズになります。

クルマエビ

養殖業
市場やスーパーで買えるエビ・カニるいの中で、養殖ようしょくできるのはクルマエビだけと言われています。養殖ようしょくする場所にはしおづくりをしていた塩田えんでん跡地あとちなどが利用りようされています。毎年春ごろにたまご採取さいしゅし、体長15mmくらいまで成長せいちょうしたら池にうつします。クルマエビは寒い時期はエサを食べないため、夏から秋にかけてたっぷりをエサ食べ、冬にかけて出荷というサイクルが一般的いっぱんてきです。

マサバ

養殖業
これまでは主に天然てんねんサバのたまごを使っていましたが、最近さいきんでは人工たまごを使った完全養殖かんぜんようしょくも出てきました。100~250gの子どもに人工エサをあたえるとおよそ半年後に400g以上に成長せいちょうし、出荷できるサイズになります。養殖ようしょくサバは食中どく原因げんいんになるアニサキスがつかないというメリットもあります。

カワハギ

養殖業
丸くすぼまった口がかわいいカワハギですが、養殖ようしょくでは小さな口でもたっぷり栄養えいようがとれる人工エサを作ることがポイントです。お店に並ぶサイズは体重300~400gほどのもので、成長せいちょうさせるまでに約2年かかります。養殖ようしょくの白身魚はたくさんありますが、きもまで生で食べられるのはカワハギだけです。