子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

海のお仕事図鑑

海のお仕事図鑑

海の近くで働くのお仕事一覧

  • みんなの海レジャーを見守ってくれるお仕事

    ライフセーバー
    ライフセーバーのお仕事
    皆さんの中には、海水浴へ行った時に赤と黄色の帽子をかぶった人たちを見たことがある人もいるでしょう。海で事故が起きないように見守ってくれたり、もし事故が起きてしまったときに救助をしてくれるのが「ライフセーバー」の仕事です。英語で「命を救う人」を意味します。
  • 美味しい魚を見分けるプロのお仕事

    水産仲卸業
    水産仲卸業のお仕事
    私たちが普段食べている魚介類は、海で水揚げされた後にまず卸売市場というところへ集められます。 卸売市場に集まった魚の中から必要な分を買いつけ、市場の中にある自分たちの店へ持っていき、 スーパーマーケットなどの小売店などに販売するのが水産仲卸業者の仕事です。
  • 海の調味料を造るお仕事

    塩作り職人
    塩作り職人のお仕事
    私たちの食事に欠かせない調味料、塩をつくるのが「塩づくり職人」の仕事です。日本では海水から作られる海塩がふつうで、さらさらした海水から塩の結晶を生み出します。
  • 海の漂流物から作品を作るお仕事

    シーアーティスト
    シーアーティストのお仕事
    海でガラスのかけらを見たことがある人もいると思いますが、波によって角がけずれて丸くなったガラスのかけらをシーグラスといいます。このシーグラスや浜辺に落ちている貝殻や木の枝を使って、きれいなアート作品を作る人が「シーアーティスト」です。
  • 水族館のエンターテイナーのお仕事

    ドルフィントレーナー
    ドルフィントレーナー(水族館飼育員)のお仕事
    人気のお出かけ先・水族館でとくに注目を集める存在のイルカ。ダイナミックなイルカショーはどの水族館でも人気のプログラムです。そんな水族館のイルカたちのショーのための技を教えるのが、「ドルフィントレーナー」の仕事です。水族館を楽しい場所にするために欠かせない存在です。
  • 船の購入などをサポートしてくれるお仕事

    海事代理士
    海事代理士のお仕事
    漁をしたり、旅をしたり、外国とモノのやりとりをしたりと、私たちの生活に欠かすことができない“海”。 多くの人が携わるため、海での活動についてはたくさんの法律で厳しく取り決められています。
  • 海の管制官のお仕事

    運用管制官
    運用管制官のお仕事
    日本の海では毎日多くの船が行き交います。日本の船はもちろん、外国船など大きさも様々です。その船を安全に、スムーズに航海できるようにコントロールするのが「運用管制官」の仕事です。
  • 色々な船を造るお仕事

    造船業
    造船業のお仕事
    私たちが乗る観光船や漁をするための漁船など、あらゆる船を造るのが造船業の仕事です。 一度にたくさんの人や貨物を運ぶ大型船はとてつもない大きさですが、 これも造船業に関わる人たちによって一から造られていくのです。
  • 海と地球の研究所のお仕事

    海洋研究開発機構
    海洋研究開発機構のお仕事
    私たちが暮らす地球の表面は、約7割を海が占めています。そんな海と地球には、まだ知られていないことが多く、たとえば海底の鉱物資源は未来の生活のカギを握っています。こうした海を舞台に地球の謎を解き明かしていくことが、海洋研究開発機構のお仕事です。
  • 海と自然の楽しさを伝えるお仕事

    ネイチャーガイド
    ネイチャーガイドのお仕事
    私たちに自然の美しさ、すばらしさを教えてくれるのがネイチャーガイドの仕事です。 北は北海道から南は沖縄まで、その土地にしかない美しい自然を楽しむツアーが人気となっています。 観光地として整備されているところもあれば、
  • 美味しい海の魚を育てるお仕事

    養殖業
    養殖業のお仕事
    私たちの食卓に、安定して魚を届けてくれるお仕事が「養殖業」です。 スーパーマーケットに行くと、いつでも新鮮でおいしい魚介類が並んでいます。 これは「養殖」という方法で漁がおこなわれているおかげです。