子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

安房の農家の大根♪

千葉県立房総のむらの見どころ

安房の農家の大根♪

左側2列が現代ものである青首大根、その右に伝統(江戸)野菜である秋づまり大根2列、
練馬中長大根、大蔵大根が各1列ずつ植わっています。

4種ともに9月上旬に播種したものですが、青首は生育が早く、
葉の色具合が濃い深緑を呈しているのに対し、伝統(江戸)野菜は淡い緑色で優しい感じがします。

現在、大根と言えば、国内市場の90%を占めていると言われている青首大根ですが、
「す」が入りにくく、地表に出ている部分(この部分が日光に当たり、黄緑色に変化)があるため、収穫時期に引き抜きやすいという特徴があります。

対して、伝統(江戸)野菜の大根、特に秋づまり大根・大蔵大根は引き抜くのが大変で、
スコップと使わないと途中で折ってしまうことになります。
練馬中長大根は主に漬物用、他は煮物に適しています。
収穫時期は12月上旬頃ですので、味の違いなどをお試しあれ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック