子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

入場無料の親子満喫プラン

富士急ハイランド/トーマスランド/リサとガスパール タウン

山梨県富士吉田市新西原5-6-1
口コミを書く施設情報を送る

お知らせ

2018年08月03日 16時58分

入場無料の親子満喫プラン

富士急ハイランド&トーマスランド「入場無料の親子満喫プラン」
富士山のお膝元にある「富士急ハイランド」は、スリル満点の絶叫マシンから小さな子どもが遊べる乗り物までアトラクションが豊富。この夏から入園料が無料になったので、これまでよりも気軽に行けるようになり、楽しみ方もさらに広がりました。

2018年は、富士急ハイランド内にあるきかんしゃトーマスの人気テーマパーク「トーマスランド」が20周年を迎え、アニバーサリーイヤーとしてシーズンごとにカラフルなデコレーションやスペシャルイベントを開催。トーマスランド内だけでも新アトラクションが3つも誕生し、ますます盛り上がりを見せています。


「いこーよ」モニターファミリーが富士急ハイランドを1日満喫!

富士急ハイランドは、2018年7月14日から入園が無料となっています。お目当てのアトラクションだけに乗るもよし、食事やお土産探しを堪能するもよし、フリーパスで思う存分に遊ぶもよし! 気軽に遊べるようになり、楽しみ方のバリエーションが広がりました。

そこで今回は、「いこーよ」モニターの高田さんファミリー(パパ、ママ、5歳のノゾムくん、3歳のココロちゃん)が、トーマスランドをメインに1日たっぷり遊べるプランを実践。パパママは10年以上ぶり、子どもたちは初めての来園とあって、テンションは最高潮です!



「トーマスのハッピースマイル」でゆったり空中散歩

2018年7月12日にオープンしたアトラクション「トーマスのハッピースマイル」は、トーマス、パーシー、ジェームスのライドに乗って、ゆったりと周回する観覧車タイプのアトラクションです。

身長制限や年齢制限がないため、小さな子ども連れに大人気で、絶好の撮影スポットになっています。ノゾムくんも「ママ~、こっちだよ~!」と、手を大きく振って写真を撮るママに猛アピール!


上下に跳ねる「ホッピング ウィンストン」に大盛りあがり

トーマスのなかま・レール点検車のウィンストンをモチーフにしたメリーゴーラウンドのように周遊する「ホッピング ウィンストン」も、7月12日にオープンした新アトラクションです。上下に飛び跳ねるダイナミックな動きに「うわぁ~!」「キャー!」とママも一緒に大はしゃぎ。終始笑顔が絶えませんでした!


トーマスやなかまたちが引っ張る客車に乗ってソドー島を冒険!

トーマスやパーシーが引っ張る客車に乗って、きかんしゃトーマスの舞台であるソドー島を巡る「トーマスとパーシーのわくわくライド」。道中では、たくさんのなかまたちが話しかけてきて、まるでトーマスの世界に入り込んだみたい! 

ノゾムくんとココロちゃんは「あ、ハロルドがいるよ」「ヘンリーまたね~」と次々に現れるキャラクターに夢中です。


トーマスの大型屋内施設でアスレチック体験!

高田さんファミリーが次に向かったのは、雨の日でも遊べる大型屋内施設「トーマスのドキドキプレイグラウンド」。キューブ型の迷路やネットの橋をクリアしていくアスレチックをはじめ、トーマスのヴィークルに乗って運転できるエリアなど、体を動かせる遊具が満載です。目をキラキラさせて大興奮する二人の姿に、思わず笑顔がこぼれるパパとママでした。

施設内にはベビールームもあり、ミルク用の給湯器も完備されているので、赤ちゃん連れでも安心ですよ。涼しいため屋外の暑さに疲れたときにもおすすめです。



クールダウンに最適! ひんやり空間の「ねがいのたき」

滝からの水しぶきがひんやりとした空間を作り出す「ねがいのたき」エリアは、崖の上にいるトビーが目印です。ここは、屋根付きのベンチが備えられた憩いの場所。撮影日は35度を超える猛暑日だけあって、子どもたちはとっても気持ちよさそう。ばっちりクールダウンできました!


オリジナルメニューが満載! 家族で楽しいランチタイム

水遊びを満喫した子どもたちはお腹ペコペコ。洋服を着替えたら「トーマスレストラン」でお昼ご飯です。トーマスとなかまたちがモチーフになっているメニューの数々は、見て楽しい&食べておいしいものばかり!

ノゾムくんが選んだ「トーマスデラックスプレート」は、一度にたくさんの種類が食べられてお得感満載。ココロちゃんの「トーマスランチBOX」はポテトやオムレツなど子どもが好きなものが盛りだくさんです。プレートもランチBOXも20周年限定のデザインで、記念に持ち帰ることができるので、お土産にも最適。自宅でも使えるのはうれしいポイントですね。



「トーマスステーションショップ」で限定グッズをゲット!

ランチのあとには「トーマスステーションショップ」に立ち寄りました。高田さんファミリーは、ここでしか手に入らない限定の「ハーネス付KIDSリュック」や「親子Tシャツ」のほか、ココロちゃんが幼稚園で使う「ループ付ハンドタオル」をチョイス! 

お菓子やおもちゃもたくさんあって目移りしながらも、お気に入りのアイテムをゲットできました。ちなみに、お土産は約2000種類もの品数を誇る「ショップFUJIYAMA」などでも購入できます。


観覧車で絶景を一望しながら思い出を振り返ろう!

遊園地の締めはやっぱりこれ! 富士急ハイランドが一望できる全長50mの観覧車「シャイニング・フラワー」で1日を振り返ります。「うわぁ、たかーい!」「あそこに富士山が見えるよ!」と、絶景を眺めながらくつろぎタイム。1日たっぷり遊んでも飽き足らない様子のノゾムくんとココロちゃんでしたが、「また来ようね!」とパパ&ママに約束してニッコリ!

この観覧車は、床・壁・シート・天井すべてが透明でスリル満点のスケルトンゴンドラも人気です。透明ゴンドラは2人用なので、少人数で乗るときにチャレンジしてみてくださいね。


鮮やかなイエローに彩られた「リサとガスパール タウン」のお散歩もおすすめ

エッフェル塔のモニュメントやかわいいお店が軒を連ねる、リサとガスパールが暮らすパリの街並みを再現した「リサとガスパール タウン」をのんびりお散歩。同タウンは富士急ハイランドの第一入園口を出てすぐのところにあります。

開業5周年を記念し、2018年はタウン全体がシーズンカラーに染まります。夏は爽やかなイエローでデコレーション! メイン広場にはマリーゴールドなど5品種、約2万株の黄色い花が咲き誇って華やかな景色を作り出します。

お店では、イエローにちなんでレモンをテーマにした期間限定メニューが楽しめます。お散歩中、ココロちゃんはかわいらしいフォトスポットやぬいぐるみの前で立ち止まり、ポーズをとったり抱きついたりと夢中! パパやママ、ノゾムくんも笑顔になり、穏やかな時間が過ごせました。


隣接ホテルのトーマスルームに宿泊するのもおすすめ
富士急ハイランドに隣接する「ハイランドリゾート ホテル&スパ」には、トーマスをモチーフにした客室「トーマスルーム」が用意されています。2018年7月18日には、同ホテル最大の広さを誇る72平方メートルのスイートルーム「機関庫とトーマスとパーシーのお部屋」も追加され、全部で9部屋になりました。

部屋には、トーマスたちと遊べる仕掛けが盛りだくさん! 家族で富士急ハイランド&トーマスランドに行くなら、パークを出てもワクワクがずっと続くこの宿泊施設を利用するのもおすすめです。

トーマスルームの詳細はこちら
トーマスランド 20周年イベントの詳細をチェック


入園無料となった富士急ハイランドと、20周年を迎えてより一層のにぎわいを見せるトーマスランド。特に後者は、きかんしゃトーマスの世界観がそのまま広がっていて、馴染みのあるキャラクターたちに目を輝かせていたノゾムくんとココロちゃんの姿が印象的でした。

ママは「子どもができてから来るのは初めてでしたが、こんなに子どもたちが喜んでくれたことにビックリしました。トーマスランド内の建物やモニュメントもかわいくて、どこを見渡しても楽しげな雰囲気が伝わってきます」と絶賛。パパも「大人も一緒に楽しめるし、小さな子どもがいても安心して遊べるのが魅力ですね! 夏休み中にもう一度来たいと思っています」と大満足でした。

富士急ハイランドはアクセスも良好で、車なら河口湖I.Cまたは富士吉田I.Cを降りてすぐ、電車では富士急行線「富士急ハイランド駅」で降りれば目の前に入園口が見えます。各地から路線バスや高速バスも出ているので、ぜひ家族そろって出かけてみてくださいね。

■富士急ハイランド/トーマスランド/リサとガスパール タウン
場所:山梨県富士吉田市新西原5-6-1
営業時間:8:30~19:00(富士急ハイランド)、8:30~18:00(トーマスランド)、8:00~19:30(リサとガスパール タウン) ※日によって異なるので、詳細およびアトラクションの運休状況については公式サイトをご確認ください
定休日:不定休
TEL:0555-23-2111(富士急ハイランド インフォメーションセンター)
入園料:無料 ※各アトラクションは個別に料金が必要です
フリーパス:18歳以上5,700円、中・高生5,200円、小学生4,300円、1歳以上2,000円



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • チェック