子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

ファミリーにおすすめの飼いやすい猫6選 性格&特長も紹介!

2017年10月2日佐藤葉月

ペットとして人気の猫。犬とは違って散歩もいらないので「飼ってみたい」という家庭も多いのではないでしょうか。初めて猫を飼うファミリーや子どもがいる家庭の場合、育てやすさや飼いやすさは気になるところですよね。そこで今回は、株式会社ペットスマイルに「初めて猫を飼うファミリーにおすすめの猫種」を聞きました。

「ファミリーで飼いやすい犬種6選」はこちら「犬猫以外で育てやすいペット10選」はこちら

家庭で育てやすい猫とは?

犬と同様に、猫にもさまざまな種類がいます。家族で初めて猫を飼う場合、どのような猫が向いているのでしょうか。特に、子どもがいる家庭の場合はどのような点がポイントになりますか。

子どもと大人では、猫と接するときの距離感が違います。距離感がわからない子どもとも上手に付き合える性格を基準に選ぶのが良いでしょう。また、親が子どもの世話をしながらでも飼いやすいということもポイントの一つです」

おすすめの猫の特長5つ

(1)おとなしい性格
「性格がおとなしく、落ち着いた猫は初めて飼う家庭でも育てやすいでしょう。子どもがワイワイと賑やかに遊んでいても、気にせずマイペースで過ごせる猫なら安心です。突然子どもに飛びかかったり、ひっかいたりせず、ほど良い距離感を保てる猫が理想です」

(2)人に懐きやすい
「なかには触られることを拒否してしまう猫もいますが、子どもと同じ部屋で過ごし、一緒に遊べるような猫なら、子どもも猫に対して愛情が増えますし、猫といる楽しさを味わうことができます」

(3)鳴き声が小さい
「家族に子どもがいる、いないにかかわらず、特に集合住宅に住んでいる場合、ペットの声はマナーとして気になるものです。また、子どもがいる家庭の場合は、鳴き声が比較的小さい猫なら子どものお昼寝や勉強のときにも気になりません」

(4)頭が良い・賢い
「名前を呼んだら来てくれたり、トイレの場所などしつけをするとすぐ覚えてくれたりする賢い猫であれば、子どもと猫とのコミュニケーションは取りやすいでしょう」

(5)自立している
「子育て世帯の場合、子どもと猫と両方の世話をしなければなりません。とても大変なことです。自分でご飯を食べたり、トイレができたりと飼い主が付きっきりで世話をする必要がない自立した猫なら、家族も猫も自由に過ごすことができ、良好な関係が築けます」


子どもとも仲良くなれる猫を紹介!

上記のような性格を持ちあわせていると言われる猫を6種類紹介してもらいました。

アメリカンショートヘア

写真提供/株式会社ペットスマイル

■アメリカンショートヘアの性格&特長
「かつては、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていました。ルーツであるハンターの気質から、おもちゃを追いかけて遊ぶのが好き。子どもともたくさん遊んでくれるでしょう。短毛種で、独特のマーブル模様が入ったとても人気のある猫です。自立心が強く、基本的には明るく賢い性格ですが、やや慎重で、家族以外の人間には少しばかり警戒心を出すこともあります

シャム猫(サイアミーズ)

写真提供/株式会社ペットスマイル

■シャム猫の性格&特長
「タイ原産の、ブルーの瞳を持つ美しい猫。毛並は白く、成長するにつれて、耳や顔を中心にポイントカラーが出てきます。クールな外見から、一人遊びをするイメージを持たれがちですが、むしろ飼い主や優しくしてくれる人と一緒にワイワイと遊ぶことが大好きです。自立した性格ですが、賢く、飼い主さんに対する忠誠心はとても高いと言われます。ただし、シャム猫は鳴き声が非常に大きいことで有名な猫種でもあります。そのため、マンションなどの集合住宅で飼育しようとしている方は注意が必要となります」

日本猫

日本猫

■日本猫の性格&特長
「最近では海外からの人気も高い、日本原産の猫です。トラ猫、キジ猫、三毛猫、白猫黒猫などでおなじみです。個体によって色々な模様があり、色柄によっても少しずつ性格が異なると言われています。少し面長な顔としっかりした体つきが特長です。生命力が強く、日本の四季の変化にも慣れています。警戒心は強めですが、賢くて、懐いた飼い主さんにはよく甘えます

ペルシャ猫

写真提供/株式会社ペットスマイル

■ペルシャ猫の性格&特長
「優雅な印象のある、長毛種を代表する美しい猫です。鼻は低くつぶれた感じで、体つきはしっかりとしています。長毛種ですので、お手入れは欠かせません。穏やかで落ち着いた性格で、人との距離を上手に取ります。子どもになでられるのもあまり嫌がりません。上品でおとなしく、鳴き声も小さめです」

ヒマラヤン

写真提供/株式会社ペットスマイル

■ヒマラヤンの性格&特長
「ヒマラヤウサギに被毛のポイントが似ていることから、その名がついています。外見はペルシャ猫に似て長毛です。家族の輪の中にさり気なくいるような、穏やかでおとなしい性格。賢く、しつけもしやすいと言われます。初対面の人にもほどほどに愛想がよく、子どもの遊び相手も上手にこなします」

ラグドール

写真提供/株式会社ペットスマイル

■ラグドールの性格&特長
「ラグドールとは、英語で『ぬいぐるみ』の意味。抱っこをされてもぬいぐるみのようにおとなしい性格は、ほかの猫にはない特長といえます。おおらかで人懐っこく、子どもにちょっかいを出されても、根気よく接する優しさ、懐の深さを持ち合わせています。長毛種で目は青く、体格は他の猫種よりも大きめです」

ペットを飼う前には必ず「家族で話し合い」

子どもがいる家庭の場合、ペットの存在は子どもが持つ思いやりの心や優しさを育んだり、命の重さを間近で知れたりできる機会になり、成長につながるきっかけの一つにもなります。

【参考記事】動物とのふれあいが子どもの心の成長に!ペット飼育のメリット

ただし、飼う前には家族全員でしておくことがあります。

ペットを飼う前には必ず、命を預かる責任について子どもも交えて家族全員で十分話し合いましょう。ペットと接する時のルールや、しつけやエサやりのお手伝いの方法などをきちんと決めて、しっかり迎え入れてあげてください

家族の一員としてペットを大切に育てながら、子どもの成長も一緒に見守りたいものですね。

お話を聞いたのは…

  • 株式会社ペットスマイル

    14万人のペット好き仲間を結ぶペット専用SNSアプリ「ペットスマイル」、ペット専門のニュースサイト「PetSmilenews」を運営。「PetSmilenews」では、ペットとの生活がもっと楽しくなるお役立ち情報を毎日更新で配信中。

  • PetSmilenews
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

佐藤葉月

宮城県生まれ。タウン誌の記者、ブライダル雑誌の編集者を経てフリーランスに。東京オリンピックを含め、子どもたちに夢を与えるスポーツ関連の記事を書くことが目標。月に1回はライブを見に行く音楽好き。海外一人旅にはまり、アジア圏制覇を目論んでいる。

ライターの最新記事