子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

2018年GW(ゴールデンウィーク)はいつから?祝日・休日まとめ 

いよいよ2018年。新しいカレンダーで最初に調べるのが休日の日数や祝日・大型連休の日並びですよね。そこで「ゴールデンウィークはいつから?」「お盆は何連休?」「3連休は何回ある?」など、2018年の気になる休日事情をまとめました! 4月から実施予定のキッズウィークにも注目です!

GWにおすすめのお出かけスポットをチェック!

「国民の祝日」は1年に何日あるの?

祝日といえば、土日以外の日がお休みになるスペシャルデー! 一般的に祝日と呼ばれるのは「国民の祝日」のことで、建国や独立などその国全体にとって大きな出来事や記念日を祝って国が制定した休日です。「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律第178号。いわゆる「祝日法」)で定められています。

「国民の祝日」は年16日! 毎年日にちが変わる移動祝日も

「国民の祝日」には毎年日にちが固定された祝日(固定休日)と年によって変動する祝日(移動祝日)の2種類があります。移動祝日は、成人の日や海の日のように曜日が固定された祝日(★)と春分の日・秋分の日という2つの天文観測で決まる祝日(☆)があります。以下にまとめた16日が「国民の祝日」でそのうち6日が移動祝日です。

1年間の国民の祝日まとめ

  • 1月1日:元旦
  • 1月の第2月曜日:成人の日★
  • 2月11日:建国記念日
  • 3月20日・21日頃(春分日):春分の日☆
  • 4月29日:昭和の日
  • 5月3日:憲法記念日
  • 5月4日:みどりの日
  • 5月5日:こどもの日
  • 7月の第3月曜日:海の日★
  • 8月11日:山の日
  • 9月の第3月曜日:敬老の日★
  • 9月22日・23日頃(秋分日):秋分の日☆
  • 10月の第2月曜日:体育の日★
  • 11月3日:文化の日
  • 11月23日:勤労感謝の日
  • 12月23日:天皇誕生日

曜日固定の祝日4日は、2000年にスタートした「ハッピーマンデー制度」により、従来の固定日から特定週の月曜日に移動したもの。この移動祝日によって、土曜日・日曜日とあわせた3連休が以前よりも増えています。

母の日・父の日は「国民の祝日」じゃない! 2018年の日にちは?

ここで「母の日・父の日は毎年お休みだけど祝日じゃないの?」という疑問がわくかもしれませんが、母の日と父の日は国民の祝日ではありません。バレンタインなどと同じ記念日です。母の日は5月の第2日曜日、父の日は6月の第3日曜日なので、2018年の母の日・父の日の日にちは下記となります。
・2018年の母の日:5月13日(日)
・2018年の父の日:6月17日(日)

シルバーウィークやGW 日並び次第では超大型連休も!

実は「国民の祝日」にくわえて、祝日法で決められた「休日」はほかにも2つあります。それが、祝日が日曜日に当たるときに発生する「振替休日」と前後を祝日で挟まれた平日が休日になる「国民の休日」です。

土日以外が休日になる3つのパターン

  1. 国民の祝日:国が法律で定めた休日。一般的に「祝日」と呼ばれる
  2. 振替休日:国民の祝日が日曜日に当たった場合に次の平日が休日になる
  3. 国民の休日:その日の前後が国民の祝日の場合に挟まれた平日が休日になる

2018年は2017年より休日が1日増える!「国民の休日」にも注目

振替休日は皆さんおなじみかと思いますが、注意したいのは祝日が土曜日に被っても振替休日はないという点。週休二日制の場合、祝日が土曜日に被るとせっかく平日休みになるチャンスがなくなってしまうんです。2017年は4日も土曜祝日がありましたが、2018年の土曜祝日は3日と、昨年より1日休日が増えています。1日でもお休みが増えるとちょっぴりラッキーな気分になりますね♪

そして、大型連休発生のカギとなるのが「国民の休日」! 移動祝日である「敬老の日(9月の第3月曜日)」と「秋分の日(9月22日か23日のいずれか)」に平日が挟まれた場合には、2009年や2015年のようにシルバーウィークが発生するケースもあります♪

国民の休日&振替休日で2019年GWは10連休に!

実は、最近話題となった「新天皇即位で改元記念日の祝日が発生して2019年のゴールデンウィークが10連休になる!」というビッグニュースも祝日にはさまれた4月30日と5月2日の2日の「国民の休日」となり、5月6日にもこどもの日の振替休日が発生するためです。

2019年ゴールデンウィークの日並び

  • 4月27日(土)
  • 4月28日(日)
  • 4月29日(月) 昭和の日
  • 4月30日(火)国民の休日★
  • 5月1日(水) 改元記念日
  • 5月2日(木)国民の休日★
  • 5月3日(金) 憲法記念日
  • 5月4日(土) みどりの日
  • 5月5日(日) こどもの日
  • 5月6日(月) 振替休日★

これまでも有給をうまく使って9連休・10連休などに調整してきた人はいると思いますが、2019年ゴールデンウィークは暦通りの休日しか休めない会社や学校でも10連休というのがポイント! 「改元記念日」は2019年限定の祝日なので、2020年以降は10連休とはいきませんが、2019年ゴールデンウィークの大型連休が楽しみですね♪

それでは、本題の2018年の休日事情を紹介していきます。

ここまで紹介してきた移動祝日・振替休日・国民の休日に注目しつつ、一番気になる2018年の大型連休の日並びを見ていきましょう!

2018年GWのトレンドもチェック♪

カレンダーでチェック 2018年GW・お盆休みの日並び

以下、2018年の祝日事情まとめです! ゴールデンウィークなど、大型連休の祝日・休日の日並びをカレンダーでチェックしておきましょう。

2018年のゴールデンウィークはいつからいつまで?

2018年のゴールデンウィークは暦上4月28日〜30日の3連休と5月3日〜6日の4連休にわかれています。5月1日・2日を有給でお休みにすれば、4月28日〜5月6日の最大9連休も可能です! 

2018年のGWは4月28日〜5月6日の最大9連休!

ちなみに2017年は2連休+平日2日+5連休で最大9連休でした。昨年は3月時点で6割以上の家庭でゴールデンウィークに旅行を計画していたので、2018年のゴールデンウィークに家族旅行を計画する方は人気のお出かけスポットをチェックして早め早めに動きましょう!

2017年GWの旅行事情&人気お出かけ先GW(ゴールデンウィーク)特集をチェック

2018年のお盆休みはいつからいつまで?

一般的にお盆休みは8月13日〜16日の4日間となることが多く、2018年のお盆休みは8月11日の山の日が土曜日にあたるため、8月11日〜16日の6連休となる人が多そうです。

2018年のお盆休みは8月11日〜16日の最大6連休!

2017年も8月11日〜16日の6連休が一般的だったので、昨年と同じ形です。昨年は夏休みに旅行を計画していた家族が約9割で、5月の時点ですでに4割以上、6月には7割以上の家族が旅行の予定を立てていました。ゴールデンウィーク後を目安にお盆休みの旅行計画も立てていきましょう。

2017年夏休みの旅行事情&人気お出かけ先夏休み特集をチェック!

2018年9月の連休はいつ? シルバーウィークはある? 

シルバーウィークは9月に5連休が訪れた場合に使われる言葉で、シルバーウィークが発生するためには2つの条件が重なる必要があります。

1.秋分の日が9月21日・9月22日・9月23日のいずれかである
2.秋分の日が水曜日である

この条件を満たすと、土日と祝日が連続し、さらに敬老の日と秋分の日に挟まれた平日が国民の休日となるため5連休になるのです。これはかなりレアなケースで、過去には2009年・2015年に発生しましたが次のシルバーウィークは2026年となる予想…! もちろん2018年9月もシルバーウィークはありません

ただ、2018年の秋分の日が9月23日(日)と日曜日に重なるため、振替休日が発生し3連休に! 敬老の日絡みの3連休とあわせて、2018年9月は9月15日(土)〜17日(月)、9月22日(土)〜24日(月)と2回も3連休がやってきます♪

2018年9月は3連休が2回ある!

毎年、敬老の日絡みの3連休は三世代で旅行やお出かけを計画する家族が多いようですが、2018年はそのあとにも秋分の日絡みの3連休が控えています。2週連続で旅行に行くようなスペシャルプランも立てられそうですね!

敬老の日に三世代で出かける予定の家庭は「3割以上」!秋のお出かけ特集をチェック

2018年のクリスマスは何曜日? 2018‐2019年末年始は何連休?

ついこの前クリスマスが終わったばかりで2018年のクリスマスの話をしたら、鬼に笑われてしまいそうですが…2018年のクリスマス・12月25日は火曜日です。12月22日(土)〜24日(月・祝)が3連休なので、旅行やお出かけはこの3連休中が良さそうです。

2018年12月25日は火曜日=平日。22日〜24日の3連休でお出かけを

ちなみに、2018-2019の年末年始休暇は、12月29日(土)〜1月3日(木)の6連休が基本。2017年と同じ形となりそうです。

以上が2018年の大型連休情報でした! 続いて4月にスタート予定の大型連休制度「キッズウィーク」の内容や2018年の3連休を紹介します。


2018年4月から実施予定の「キッズウィーク」とは?

2018年の休日事情でパパママにとって外せない話題が、2018年4月から実施が予定されている大型連休制度「キッズウィーク」。大学を除く公立の学校で、夏休みなどの長期学校休業日の一部を別の時期の平日に移動させる新たな制度で、『家庭における子どもと向き合う時間の確保』を目的としたものです。

どの長期学校休業日を短くし、どの時期に休みを移動させるかは地域ごとに決められ、ゴールデンウィークやお盆と違って普通の平日がお休みになるため、交通渋滞や観光地の混雑を感じることなくお出かけを楽しめるというメリットがあります。

詳細は未定ですが、キッズウィークで夏休みの5日間を9月10日(月)〜9月14日(金)に移動させ、前後の土日とあわせて9月8日(土)〜9月17日(月・祝)の10連休♪なんてこともあるかもしれません…! 一斉休暇とは別の時期に休むことのデメリットもありますが、間もなくスタート予定なので、今後の動向に注目しておきましょう。

「キッズウィーク」のメリット・デメリット

大型連休だけじゃない! 2018年は3連休が10回ある!

旅行やお出かけというとゴールデンウィークやお盆休みなど大型連休に注目しがちですが、近場への旅行や日帰りのお出かけなら3連休でも十分楽しめます。ぜひ家族でお出かけ・イベントを楽しみましょう!

親子におすすめのお出かけ情報をチェック!

GWのイベント・おでかけ情報が満載!

GW(ゴールデンウィーク)に親子で行きたいイベント情報が盛りだくさん! 穴場から人気スポットなど、家族でGWを楽しむヒントが目白押し♪ 新オープンや話題のスポットなどもチェックして、家族で最高のGWを過ごそう!

GWのイベント・おでかけ特集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

竹下沙弥香

ダイビング雑誌編集や、某大手通信会社のWEBマガジン編集を経て、ひょんなことから「いこーよ」編集部にジョイン。プライベートでは、3歳&7歳の娘の母。「思い立ったら即行動」がモットーで、猪突猛進どこまでも突っ走る、元気だけが取り柄の熱いヤツ☆  Don't worry!Be HAPPY. IT'S MY LIFE!!

ライターの最新記事