子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

水切りネットがチュチュに!?仮装に使えるダイソーグッズ活用法

2016年9月16日有馬巳姫

ハロウィンの楽しみといえば、やっぱり仮装。普段着ないコスチュームに心躍らせるのは、子どもも大人も共通ですよね。仮装の準備をする際に便利なのが、豊富なアイテムが低価格で手に入る100円ショップ。今回はダイソーグッズを使って、簡単にハロウィン仮装アイテムを自作する技を紹介します。

くるりんぱするだけ!水切りネットで作るチュチュ

キッチン用品として人気の「排水口用の水切りネット」。じつはこの水切りネットを使って、女の子が大好きなチュチュスカートが作れるんです。作り方はとっても簡単。

〈材料〉
・水切りネット
・ウエスト用ゴム
・ハサミ

〈作り方〉
1 ウエスト用のゴムを作りたいサイズの輪にして結んでおく。
2 水切りネットを好みの幅で切っていく(今回は縦に3等分にしました)

3 切った水切りネットを3分の1くらいのところで折って持ち(長さが必要なければ半分で折ってもOK)、写真のようにゴムの後ろで輪を作って持つ

4 下にあまったネットを手前から輪っかに通して、引っ張る。(くるりんぱ)
5 ひたすらこれを繰り返す。

完成!

ネットとゴムを用意しても合計200円で、こんなに可愛いチュチュが作れちゃうんです。

ダイソーでは他にもストッキングタイプのものなど、さまざまなタイプの水切りネットが販売中。カラーも豊富なので、いろいろなタイプのネットを組み合わせることで、さまざまなバリエーションが楽しめます。

(※こちらのチュチュでは、体を洗うボディスポンジのネットも使用しています)


「切って貼れる布」ならミシン不要!

ハロウィン衣装を自作するときに便利なアイテムとしてオススメなのが、こちらの「切って貼れる布」。布地のシールなので、ハサミで好きな形に切り取ったらあとは貼るだけ。これならミシンいらずで、手軽にオリジナルの衣装が作れます。

赤の「切って貼れる布」を、縦長の直線に切って白いロンTに貼り付ければ、ボーダーTシャツに早変わり!

こちらはウォーリーの衣装です。わりと身近なアイテムでできるウォーリー仮装ですが、ウォーリーのような「赤の太めボーダーTシャツ」は意外にもなかなか売っていないんです。そんな時にも、手持ち服にシールのように貼るだけで好きなデザインにできる「切って貼れる布」はとても便利です。

ちなみに、ウォーリーのニット帽は「裾部分のみが赤いニット帽」。これがなかなか見つからなかったので、赤いニット帽の上に白のニット帽を重ねています。上に被ったニット帽の頂上に穴をあけてボンボンを外に出し、裾を折り返して被ればウォーリーとまったく同じ帽子ができあがります(ニット帽は昨年度ダイソーで販売されていたものを使用)。このようになかなか既製品のないアイテムも、少し工夫をすれば自作できる可能性があります。


もっと手軽に!ビニールテープ

「切って貼れる布」と同じ要領で使えて、オススメなのがビニールテープ。少し細かいデザインや、たくさん使いたい時に便利です。たとえば、黒のロンTに白のビニールテープを骨のように貼っていくと…

ハロウィンにピッタリな可愛いロンTの完成です。

黒いスカートをボーダーに替えることも簡単!

ビニールテープの場合、体の側面など場所によっては剥がれやすい部分もありますが、その剥がれやすさもメリットの一つ。手持ちの服に貼り付けて仮装した場合、終わったあとに簡単に剥がせるのはとても便利ですよね。

直接描いて使える!「使い捨てエプロン」

今年の我が家のハロウィン仮装テーマは「不思議の国のアリス」。エプロンが特徴的なアリスの仮装に使えるものがないか探して辿り着いたのが、この「使い捨てエプロン」です。1枚だと薄く破れてしまう可能性もあるので、数枚重ねたものを体の大きさに合わせてカット。アリスの世界観を出すために、胸元にリボン、裾部分にはトランプのマークをマジックで描き入れました。

手持ちの水色のシャツに、水切りネットで作ったチュチュと、使い捨てエプロンで作った即席エプロンを合わせただけ。合計200円で、アリスの仮装が完成です。

このようにダイソーのさまざまなアイテムを使って工夫すれば、既成の仮装コスチュームを買い揃えなくても低予算で本格的なハロウィン衣装を準備できます。また、親子でアイディアを出し合って衣装作りをすれば、準備の段階からハロウィンを楽しむことも。ぜひ今年のハロウィン仮装の参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

有馬巳姫

「いこーよ」編集部。2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにも、いろんな場所でさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけ計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、写真撮影。

ライターの最新記事

あなたにオススメの記事