子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

かなママさんの体験記

かなママさん

かなくん(5歳7ヶ月)

レベルフォローフォロワー参考になった
2500123
おすすめコース
表示回数:1,039
かなママさん

佐賀 鹿島市・太良町 「うまくいく」祈願と海沿いの道の駅巡りコース

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社に参拝した後、国道207号線沿いに長崎市方面へ車を走らせました。海沿いに道の駅を2か所寄り、お昼ご飯を食べました。
他にもいくつか観光できるスポットもありますが、今回は赤ちゃん連れなので、お昼までの半日を存分に楽しむコースです。

祐徳稲荷神社

伏見稲荷神社、笠間稲荷神社と並んで日本三大稲荷の1つです。
大きな柱が組んだようにできている本殿は、立派で見上げるのも素晴らしい迫力があります。
エレベーターもあり、車椅子の方やベビーカーでも本殿へ行くことができますが、一人当たり300円必要です。
また本殿より更に奥には奥院がありますが、石の急な階段を上っていきます。
2〜3歳のお子さんも奥院まで上っている子もいましたが、しっかりと手をつないで言うことを聞くお子さんか小学生以上のお子さんにオススメです。
奥院まで上ると画像の眺めがあって気持ちがいいので、夏休みなどの思い出にもハイキングのようで最適です!

境内にある「馬」の字の絵馬など、鏡文字ようになっていますが「左馬でうまくいく」ということを表しています。
お子さんには「試験」などのご利益もありますので、大事な試験や受験生などは「うまくいく」の祈願へ訪れるパワースポットとしても人気です。

祐徳稲荷神社 門前商店街

祐徳稲荷神社のすぐ目の前には門前商店街があります。
昔ながらというお土産やさんが多く、でんでん太鼓やだるま落としなどの昔のおもちゃを置いているお店が多いので、今時の子には物珍しいと思います。
休日にも混み合うことはないのでゆっくりと見て回れるので、ベビーカーでも安全です。
毎年恒例の「祐徳夏まつり」は2016年は8月1日(月曜日)に開催されます。
大人気の鯉つかみのイベントもあり、夏休みにご家族そろって楽しめます。

道の駅 鹿島

国道207号線沿いを諫早市方面行くと道の駅鹿島があります。
すぐ目の前の有明海は干潟になっており、有明海に住む生き物が見られる無料のミニ水族館が併設されています。
ミニ水族館の施設内には干潟を観察できる望遠鏡や双眼鏡もあり、干潟に住む自然のムツゴロウやシオマネキの様子を観察できます。
予約が必要ですが、干潟体験や実際のガタリンピック(干潟の上で行う大運動会)の競技3種目を体験できるミニガタリンピックも4月中旬から10月まで行われます。
夏休みの自由研究や思い出作りのレジャーにも楽しい道の駅です。

道の駅 太良

道の駅鹿島からそれほど離れていない場所に道の駅太良があり、こちらも有明海に面しています。
木の展望台があり、秘密基地のようで子供たちに人気です。有明海も広々と感じることができますよ。
太良町は「月の引力が見える町」として、広い海を体感できることや、満天の星空が自慢の町です。広い海を海水浴とは別の形で体験するのにもちょうどいい道の駅で、晩秋から冬の間はカキ焼きなどもあります。
金星豚バーガーといった道の駅太良ならではのグルメがあるので、お子さんから大人までお腹も大満足です。

太良のご当地グルメを食べる

国道207号を更に進んだところにある「和風レストラン 川した」でお昼ご飯を食べました。
ここでは太良町の名物である竹崎ガニを一年中食べることができ、カニ釜飯やカニ丼がありますが、今回は太良町の新しいご当地グルメの「たらふく丼」を食べました。
たらふく丼は太良町産の豚肉を使った丼のことで、太良町それぞれの店により味付けなどが違います。
その名の通り他のメニューよりも大盛りなので、食べ盛りのお子さんも満腹になるメニューです。他にもお子様向けの定食やとりわけ皿を出してくれたり、座敷もあるので、赤ちゃん連れでも安心です。

行ったスポット:和風レストラン 川した

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック