子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

丸ごと1本使いきり! 定番以外の簡単「大根レシピ」4選

寒くなればなるほど甘みを増す「大根」は、冬の定番野菜としても人気ですが、1本丸ごと使いきるのはなかなか難しいもの。そこで今回は、子育て両立・共育支援事業を行う「エスキッチン」で食育サポーターとして活躍する阿部料子さんに、大根を使い切る「大根レシピ4つ」を教えてもらいました。定番の煮物やサラダとは異なる使い方なので、ぜひ試してみてくださいね!

大根は飲み会が多い冬に最適の食材!

大根は、クセがなく小さな子どもから大人まで家族みんなで食べやすいのが特徴。低カロリーでビタミンCが豊富なので、風邪などの病気が流行りやすい今の季節には積極的に食べたい野菜です

甘みのある上の部分は、サラダなど加熱調理のいらない料理にオススメです。下の部分は辛みがあるので、煮物などに使いましょう。加熱することで甘みを出します。

それでは、部位ごとにオススメのレシピを紹介します。

大根ときのこのクリームスパゲティ風

甘みのある上部分の大根をパスタに置き換えたレシピで、温サラダ感覚で食べられます。大根をピーラーでリボン状にする作業は、子どもにお手伝いしてもらうのもオススメ

【材料(4人分)】
・大根 1/3本(400g)(※甘みのある上部分を使います)
・ベーコン 50g  
・まいたけ 1パック
・エリンギ 1本
・オリーブオイル 大さじ1
・生クリーム  1カップ
・塩 少々
・こしょう 少々 
・ブラックペッパー 少々
・粉チーズ 少々
・卵黄 1個

【作り方】
1. 大根は、ピーラーでリボン状にする。

2. まいたけ、エリンギは、ほぐしておく。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し1cmに切ったベーコンを炒め、香りが出てきたら、まいたけ、エリンギを炒める。

4. まいたけ、エリンギがしんなりしてきたら生クリーム、塩、こしょうを加えてとろみが出るまで軽く煮詰める。

5. 4に大根を加えひと炒めし、皿に盛り付けたらブラックペッパーと粉チーズをふりできあがり。お好みで卵黄1個をのせてカルボナーラ風にしてもOK。


牛肉と大根のトマト煮〜クリスマスカラー〜

柔らかい大根の中心部分を使って、お鍋一つでできる簡単おもてなしメニューを作ります。和食のイメージが強い大根ですが、クリスマスカラーの洋食にしても美味しく食べられます。普通のお鍋でも作れますが、無水鍋や圧力鍋を使うとより一層お肉が柔らかく仕上がります

【材料(4人分)】
・大根 1/3本(400g)(※真ん中の部分を使う)
・牛ばらブロック 400g  
・玉ねぎ  1個  
・にんにく 1片 
・しめじ 1パック 
・グリーンオリーブ  20粒位  
・カットトマトの水煮缶  1缶
・オリーブオイル 大さじ3 
・塩 大さじ1/2 
・ブラックペッパー 適量  
・ローリエ 2枚 
・生タイム1枚(あれば) 

【作り方】
1. 鍋に一口大にした牛肉と玉ねぎを入れ、オリーブオイルと塩を加え揉みこむ。

2. 1に一口大に切った大根、ほぐしたしめじ、グリーンオリーブ、トマトの水煮缶、スライスにしたにんにく、ローリエ、生タイムを加え中火で20分ほど煮込む。

3. 味を見て、塩で整えブラックペッパーをかけてできあがり。


チキンのトロトロみぞれ煮

大根の下部分を使います。大根をおろし煮にすることで、子どもからお年寄りまで食べやすいレシピになります。大根おろしはお肉の臭みを消して柔らかくしてくれるので、万能ですよ

【材料(4人分)】
・大根 1/3本(400g)(※辛みのある下の部分を使う)
・鶏もも肉   2枚
・ねぎ(白い部分) 3cm(飾り用)
★合わせ調味料
・しょうゆ  大さじ2 
・ごま油 大さじ1 
・三温糖 小さじ2  
・オイスターソース 小さじ1 
・しょうが(みじん切り) 小さじ2 

【作り方】
1. 大根をおろす。

「大根をおろす」作業は、子どものお手伝いにもオススメ。手を切らないよう、フォークで刺して擦ってもらうと危なくありません。また、皮の部分にはビタミンCが豊富に含まれているので、よく洗って皮ごと摩り下ろすのもオススメです。

2. 一口大に切った鶏もも肉と大根おろしをボールで混ぜ15分おく。

3. 2から鶏もも肉だけを取り出し、フライパンで焼く。

4. 3に大根おろしと合わせ調味料を混ぜ合わせて入れ、蓋をして蒸し焼きにする。

5. 水分が少なるまで少し煮詰め、皿に盛り、飾りねぎをのせてできあがり。

だいこんぱdeジェノベーゼソース

最後に、大根の葉っぱ部分を活用して「ジュノベーゼソース」を作るレシピを紹介します。ジェノベーゼソースは通常、バジルや松の実、ナッツなどを入れて作る為、アレルギー児や3歳以下は食べられませんが、大豆と白ごまで作るこのソースなら小さな子どもでも食べられます。

低価格で入手しやすい材料ででき、調味料として冷蔵庫で約1週間保存可能。パスタやピザ、リゾット、バケットディップなどにオススメです。

【材料】
・大根1本分の葉
★合わせ調味料
・大豆水煮 60g
・白ごま 大さじ1
・にんにく 1片
・味噌 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・オリーブオイブ150〜200ml

【作り方】
1 .大根の葉を、葉と茎にわける。

2. 茎の部分をレンジでラップをして2分加熱する。

3. 大根の葉と茎、Aをすべてミキサー(またはブレンダー)にかけ、ペースト状になればできあがり。

4. パスタにあえる際は、塩分多めがオススメ。仕上げにブラックペッパーをひとふりしましょう。

大根にはビタミンCや消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれているので、体調を崩しやすい今の季節にピッタリ! さまざまなレシピにアレンジして、旬の野菜「大根」をまるごと1本使い切ってみてくださいね。

お話を聞いたのは…

  • 阿部 料子さん(食育離乳食料理家・エスキッチン食育サポーター)

    両親の営む料理屋の娘に生まれる。認可保育園栄養士を5年勤め結婚。 現在は、主婦業双子育児をしながら家業の農業と料理屋を経営。 食育離乳食料理家とし、保育園幼稚園給食指導。レーシングドライバー食事指導。離乳食指導。レシピ作成。料理を通して子どもの「自信」を共に育むエスキッチンの食育サポーターとしても活動中。

  • エスキッチン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事