子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

都内の変わり種子育てサービス3選 メリット多数&プロに相談も

掲載日: 2016年8月1日更新日: 2019年4月8日山田 ジュンジ

多数ある子育てサービスの中から、今回は都内で専門学校が実施する子供と保護者向けのサービスを紹介します。様々な分野の専門知識を持ったプロを育成する専門学校の中には、実学教育の一環として、子供向けサービスや子育て支援活動をしている専門学校があります。そんな子供と学生が一緒に成長でき、保護者のメリットも大きい、専門学校が実施するサービスについてのぞいてみましょう。

●ママの育児ストレス解消も! おすすめリフレッシュサービス3選

学校全体がスポーツクラブ! 「CLUB-TSR」

写真提供:東京スポーツ・レクリエーション専門学校

東京・西葛西にある「東京スポーツ・レクリエーション専門学校(TSR)」は、スポーツトレーナーやインストラクターなどスポーツ業界で活躍する人材や、保育士・幼稚園教諭を養成する専門学校です。

そのTSRが、ジムや体育館、プールなどの学内施設を授業時間外に地域に開放して運営する、総合型地域スポーツクラブが「CLUB-TSR」。子供から大人、アスリート向けまで、多彩なプログラムを提供し、経験豊富なプロのインストラクターのもと、スポーツや保育の技術・知識を学ぶ学生たちが、元気いっぱいに指導にあたっています。

写真提供:東京スポーツ・レクリエーション専門学校

一般的なスポーツクラブに比べて圧倒的に料金が安いこともあり、「CLUB-TSR」は大人気。2016年7月現在の会員数は、地元・葛西エリアを中心に1,000名以上にのぼり、うち7割が1歳から小6までの子供だそう。

学生にとって「CLUB-TSR」は学んだことを実践する貴重な機会。料金をいただくことで、プロとしての自覚や責任感も育まれていきます。

現在、「CLUB-TSR」で展開されている子ども向けのプログラムは、サッカー・新体操・チアダンスなど10種類。中でも特にスイミングと幼児体操教室(あすれきっず)が人気だそう。また、幼稚園入園前のプレスクール的な位置づけの「よくばり英才教室」や、絵や工作などを通じて表現力や想像力を育む「キラキラ造形教室」など、スポーツ以外のプログラムも充実しています。

東京スポーツ・レクリエーション専門学校(CLUB-TSR)

・住所:東京都江戸川区西葛西7-13-12
・電話:03-5696-9090
・費用:1回500円〜(プログラムにより異なる) ※年会費1000円

「CLUB-TSR」のサービス詳細はこちら

学生運営の子育て応援サークル「ちびっこどんぶり」

写真提供:東京工学院専門学校

東京・小金井市の「東京工学院専門学校」で開催されている「ちびっこどんぶり」は、保育士・幼稚園教諭を目指して学ぶ「こども学科」の3年生と「幼児教育学科」の2年生が運営する、子育て応援サークル

毎週水曜日に、学内の保育実習室に親子を招き、学生たちが中心になって、お絵かきや遊具を使った遊びや、季節の行事にちなんだ出し物や身体あそびなどを提供。保育の道を長年歩んできた経験豊かな教員・講師が学生たちを指導・サポートします。

今年で11年目を迎えた「ちびっこどんぶり」には、小金井市・府中市在住の親子を中心に、毎週平均40組程度の親子が参加。地域の親子の交流・憩いの場にもなっています。

写真提供:東京工学院専門学校

学生にとって、子供とふれあえると同時に、保護者から子育ての喜びや難しさ、悩みなど、率直な声を実際に耳にできることも、大切な学びだといいます。親子と直接ふれあう経験を通じ、将来保育の現場に立ったときに役立つ技術と知識・感性が磨かれます。

このほか、同校では毎年、海の日前後の日曜日に「こどもまつり」も開催。手作りのアトラクションや遊びで、地域の子供たちと一緒に盛り上がります。また、「スポーツビジネス科」では、学内のプール・体育館を使い、学生たちが地域の子供にスイミングやサッカーの指導をする「テクノスポーツクラブ」も運営しています。

東京工学院専門学校 ちびっこどんぶり

・住所:東京都小金井市前原町5-1-29 (東京工学院専門学校1F 保育実習室)
・電話:042-387-4810(担当者:米林・森池)
・費用:無料(年5〜6回のイベントの際は子ども1人につき100円)

「ちびっこどんぶり」のサービス詳細はこちら

保育のプロに相談できる「子育てひろば」

写真提供:東京福祉専門学校

保育や福祉の道をめざす学生が学ぶ、東京・西葛西の「東京福祉専門学校」が、0〜2歳の子供とお母さん向けに運営している、こども教室の「子育てひろば」

毎週金曜に工作やリズム遊び、ふれあい遊びなど、さまざまな活動を実施しています。

この活動を通じて、学生たちは子供の興味や年齢にあわせた遊びなどを通じて子供との関わり方はもちろん、保護者への声のかけ方、関わり方も実践的に学んでいきます。また、保護者にとっても、学生との関わりの中で、新たに我が子の成長を見直せる場になっているそうです。

写真提供:東京福祉専門学校

保育士・看護師の有資格者の講師による子育て講座が開かれることも「子育てひろば」の大きな特徴。保育業界で長年活躍してきた先生と、看護師として障害児支援や看護現場の経験を持つ先生が、子育ての悩み相談、質問に丁寧に答えてくれます。

1998年の開始以来、地域の子育て家庭の強い味方になってきた「子育てひろば」。年会費は2,000円。年度途中からでもプログラムに参加することが可能で、無理せず行ける日だけ、別途1回あたり会費300円を払って参加することができます

このほか、東京福祉専門学校では土・日曜に子供を預かり、保育士を目指そうと考えている高校生や社会人に子供と関わる経験を提供する「CLUB-KIDS」という活動も実施しています。

東京福祉専門学校(子育てひろば)

・住所:東京都江戸川区西葛西5-10-32
・電話:03-3804-1515
・費用:初回無料 年会費2,000円 1回300円(保険料・教材費など)

「子育てひろば」のサービス詳細はこちら

子育て・保育のプロの育成が求められる昨今、このような実践的な学びの場は、さらに広がりを見せていきそうです。このほかにも、親子向けのサービスや、地域の子供を招いたイベントを開催している学校は多くあるので、ご自宅近くで探してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

山田 ジュンジ

小学生時代は常に通信簿に「落ち着きがない」と書かれ続けていた、筋金入りのやんちゃ坊主。そのやんちゃぶりをフットワークに替え、現在は広告の制作・デザインや、雑誌・Web記事の編集・ライティングなどを幅広く手がけています。分野を問わない幅広い知識と多彩な趣味を活かして、お役立ち情報をお届けします。

ライターの最新記事

あなたにオススメの記事