子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

100均「ダイソー」バレンタインラッピンググッズ【2017】

掲載日: 2017年1月25日更新日: 2017年1月25日宮平なつき

毎年この時期になると、100円ショップには、トリュフ専用BOX、友チョコ用の小分け袋まで、バレンタイン用のラッピンググッズが勢ぞろい! そこで、「ダイソー」広報の中川深鈴さんに、2017年のバレンタインに特にオススメの商品をお聞きしました。

▼この記事で紹介する100均アイテムはこちら

  • ひと粒サイズのトリュフボックス
  • ミルクボトル型ラッピングバッグ
  • ジップバッグタイプのラッピング
  • 水彩画風のドットがかわいいクリアバッグ
  • 和風のラッピングバッグ
「ダイソー」バレンタインチョコ作りの材料はこちら

ひと粒トリュフボックスで友チョコ配りをアシスト

2017年の「ダイソー」バレンタイン商品のイチオシは、ひと粒サイズのトリュフボックス! 1パッケージに3箱入っていて、1箱のサイズはたて4.5cm×横4.5cm×高さ4cm。あらかじめセットされているカップにトリュフをひと粒入れて、付属のシールを貼るだけでOKです。

「ミニサイズなのでお子さんも持ちやすいですし、かわいいのにちょっと豪華に見えるので、友チョコをたくさん配る予定がある方にオススメです。」

「トリュフBOX 1個用 3個入り IT’S SO NICE」:100円

このほかにも、「ダイソー」には2個用や3個用のトリュフBOXもあります。1個用は友チョコ用、2個または3個用はパパ用と差別化するのもいいかもしれません。

続いては、カラフルでキュートなデザインのラッピングバッグです!


旬のミルクボトル型ラッピングバッグが新登場!

インテリアグッズで昨年大人気だったミルクボトルが、2017年はラッピングバッグのデザインになって新登場しました!

「ラッピングバッグの透明部分から、中のお菓子が少し見えるのでカラフルなチョコやお菓子を入れるととってもかわいいですよ!」

「クリアシェイプバッグS(5枚入り・マチなし)ボトル型」:100円

サイズはたて18.5cm×横8.5cmです。ミルクボトルの他に、キャンディポット風のものもあります!

チョコをそのまま入れてOKのジップバッグが便利!

チョコクッキーなどを何個か入れてプレゼントしたい時には、ジップバッグタイプのラッピングがかわいくて便利! 食品をそのまま入れる手軽さと、湿気などから中身を守れる保存性の高さが魅力です。

「ありそうでなかったジップバッグタイプのラッピンググッズ。底マチもついていてボリューム感のあるものを直接入れられるので、マフィンやたくさん焼いたクッキーなどのプレゼントにもピッタリです!」

「底マチジップバッグS (6枚入り・マチあり)カジュアル」:100円

サイズは、たて19cm×横12cm×マチ5cm。色は赤と黄色の2種類あります。

最後は、デザインで差をつけたい人にオススメのラッピングバッグです。


食欲をかきたてるオシャレなクリアバッグ!

ラッピングで他の人と差をつけたいなら、デザインがオシャレなクリアバッグを選ぶのもGOOD。

「前面が透明なので、おいしそうなお菓子が袋を開けなくても見えるのがポイントです。でも、早く食べたくて、その場で開けたくなっちゃいそうですね(笑)。」

「ペーパークリアバッグS(7枚入り・マチなし) カジュアル」:100円

サイズはたて19cm×横12cm。水彩画風のドットがかわいいですね。他にも北欧風のシェブロン柄やトライアングル柄など旬のデザインもあるので要チェック!

ちょっと和な雰囲気の漂うおもてなしラッピング

細いリボンを結んだようなデザインがかわいくてめずらしい和風のラッピングバッグ。少し中が見えるので和紙や折り紙を入れて、背景をおめかしするとよりオシャレになります。

「細かい部分におもてなしの心が詰まったバッグです。普段なかなか伝えられない『ありがとう』の気持ちを添付のシールに込めて、ママからパパへプレゼントしてもいいですね!」

「クラフトペーパークリアバッグS(7枚入り・マチなし)ギフト」:100円

サイズは、たて19cm×横12cmです。ブルーとイエローの2種類あり。


「ダイソー」には、ここでは紹介しきれなかったバレンタイン用ラッピンググッズがまだまだいっぱいあります! 自作のチョコに合うものがきっと見つかるはずです。

見た目もかわいくラッピングしたバレンタインチョコは、渡すほうも、もらうほうもうれしくなりますよね♪ 楽しいバレンタインをお過ごしください。

※ここで紹介した商品はあくまで一例で、店舗により取り扱い商品は異なります。また、在庫切れの場合もありますので、ご了承ください。

お話を聞いたのは…

  • 大創産業

    100円ショップ『ダイソー』を運営。国内で3,150店舗、海外で1,800店舗を展開中(2017年3月現在)。取り扱い商品アイテム数は約7万点! さらに、月に700〜1,000種類の新商品が誕生する、日常に必要な商品はすべてそろうストアです。

  • 100円ショップ『ダイソー』公式ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

宮平なつき

フリーライター。美容、健康、ダイエット、恋愛、結婚、子育て、教育、インテリアなど、“女性のライフスタイル”にまつわる記事や著名人のインタビュー記事を主に執筆。趣味は、スポーツ観戦と旅行。最近の最も気になることは、甥と姪の成長。

ライターの最新記事

あなたにオススメの記事