子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

簡単&すぐできる! 「魚肉ソーセージ」アレンジレシピ3選

低カロリーで栄養がギュッとつまった「魚肉ソーセージ」には、カルシウムが多く含まれていて成長期の子どもが丈夫な骨を作る強い味方です。そこで今回は、子育て両立・共育支援事業を行う「エスキッチン」で食育サポーターとして活躍する阿部料子(あべ りょうこ)さんに、魚肉ソーセージを使った簡単アレンジレシピを教えてもらいました。

魚肉ソーセージのペースト&カプレーゼ風ブルスケッタ

栄養価の高いレバーペーストからヒントを得たレシピ。同じように栄養価が高いうえ、もっと簡単に低価格でペーストを作ることができます。カプレーゼ風のブルスケッタは、魚肉ソーセージがモッツァレラチーズの触感に似ていることからできたレシピです。

【材料(4人分)】

・バケット 1本
・にんにく 1片

<魚肉ソーセージペースト>
・魚肉ソーセージ 1本
・クリームチーズ(室温に戻す) 20g
・マヨネーズ 大さじ1
・豆乳または牛乳 大さじ1
・ドライパセリ 少々
・塩 少々
・こしょう 少々

<魚肉ソーセージカプレーゼ風>
・魚肉ソーセージ 1/2本
・トマト 中1個
・バジル 適量
・塩 少々
・オリーブオイル 適量

【作り方】所要時間:10分

(下準備)
バケットに、にんにくをこすりつけて香りをつけ、トースターで軽く焼いておく。

(魚肉ソーセージペースト)
1. 材料をすべてフードプロセッサーにかける。
2. 焼いたバケットに塗る。

(魚肉ソーセージカプレーゼ風)
1. 魚肉ソーセージとトマトを1cm角のさいの目に切る。
2. ボールに1を入れて、バジル、塩、オリーブオイルで味を調える。
3. 焼いたバケットに塗る。

簡単なアレンジで手軽に栄養を摂取できるのが魅力ですね。ママ友との持ち寄りパーティーなどにもおすすめ!

巻き巻きアメリカンドック

ホットケーキミックスを使ったアメリカンドック。油で揚げないので、簡単でヘルシーなのがうれしいポイント。子どもでも食べやすく、おしゃれなアルミ箔やセロファン紙などでラッピングすれば遠足のおやつやパーティーメニューとして重宝します。

【材料(4人分)】

・ホットケーキミックス 200g
・卵 1個
・牛乳 1カップ
・魚肉ソーセージ 4本
・お好みでケチャップ・マスタード

【作り方】所要時間:10分

1. 魚肉ソーセージに斜めの切り込みをいれておく。

2. ホットケーキミックスに卵、牛乳を加えて、だまがなくなるまで混ぜ合わせる。

3. フライパン(玉子焼き用がベスト)に1の生地を流し入れ、表面がプツプツしてきたら魚肉ソーセージをのせて端から巻いていく。

4. お好みでケチャップ・マスタードをつけたら完成!

ポイントは、魚肉ソーセージに切り込みを入れておくこと。最初に切り込みを入れておくことで、ソーセージが生地から剥がれにくくなります。


カリカリ魚肉ソーセージのオリーブオイル和え

“カリカリベーコン“ならぬ「カリカリ魚肉ソーセージ」。ソーセージだけで食べてもおいしいですが、触感を活かした和え物もおすすめです

【材料(4人分)】

・キャベツ 5〜6枚
・赤玉ねぎ(白でも可) 1/4個
・ポン酢 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 少々

【作り方】所要時間:5分

1. 魚肉ソーセージを薄くスライスしたら、電子レンジ(600w)で5分加熱する。

2. キャベツと赤玉ねぎを千切りにして塩もみし、軽く水気を絞る。

3. ボールに1と2を入れて、ポン酢とオリーブオイルで和えれば完成!

玉ねぎの辛みが気になる場合は、ニンジンに変えても食べやすいですよ

リーズナブルなうえ栄養価も高い魚肉ソーセージ。さまざまなアレンジで食べられるのはうれしいですね。ぜひ参考に作ってみてください。

お話を聞いたのは…

  • 阿部 料子さん(食育離乳食料理家・エスキッチン食育サポーター)

    両親の営む料理屋の娘に生まれる。認可保育園栄養士を5年勤め結婚。 現在は、主婦業双子育児をしながら家業の農業と料理屋を経営。 食育離乳食料理家とし、保育園幼稚園給食指導。キッズアスリート食事指導。離乳食指導。レシピ作成。料理を通して子どもの「自信」を共に育むエスキッチンの食育サポーターとしても活動中。

  • エスキッチン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事