子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

2018年ハロウィン仮装アイテムを探る 仮装ポイント&傾向も

いよいよ秋の一大イベント、ハロウィンシーズンが到来! 「今年はどんな仮装にしよう?」「どう過ごそう?」と悩んでいる親子も多いはず。

そこで、2018年の楽天市場におけるハロウィンのトレンドについて紹介していきます! ハロウィンを親子で楽しむ際の参考にしてくださいね。

2018年ハロウィンイベント&情報はこちら!

2018年のキーワードは3つ!

ハロウィンのトレンドは、その年に流行った映画やアニメ、アーティスト、ゲームキャラクターなど、ヒットした作品に大きく影響します。

「楽天市場」は、購入データをもとにキーワードを予測しており、2018年は人気の兆しをみせる3つのキーワードがあるとしています。1つ目は、平成最後の年ということで「平成回顧」。2つ目は手軽に仮装を楽しむ「ライトコスプレ」、3つ目は自宅でハロウィンを楽しむ「家ナカ需要」だそうです。

さっそく、3つのキーワードを紹介していきます。

キーワード1:「平成回顧」 平成の流行に着目!

2018年は、平成最後の年だからこそ、平成に流行ったさまざまなアイテムが再熱する兆しがあるそう。90年代に流行ったファッションアイテム「チェック柄のミニスカート」「ニーハイブーツ」などは実際に売上が伸びているそうです。

また、アニマル柄アイテムも売れ筋商品だそう。レオパードやゼブラ柄、色違いなどバリエーションも豊富。親子でお揃いの衣装で仮装するのもいいですね!

2018年でアニメ化50周年を迎えた再放送中の「ゲゲゲの鬼太郎」にも注目。昭和から平成にかけて人気を博していた人気のアニメ。目玉おやじ、ゲゲゲの鬼太郎、ねこ娘などおなじみのキャラクターに扮して、親子で仮装を楽しむのもおすすめです。女の子なら、ねこ娘+アニマル柄のネコ耳カチューシャをつけるだけで、あっという間に今年らしい仮装になりますね!


キーワード2:「ライトコスプレ」 手軽に仮装を楽しむ!

2018年はスポーツ業界にも着目! 日本人で初めて4大大会を優勝したプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手は、大人だけでなく子どもにも大人気! また、日本中を熱狂させたサッカーワールドカップ、さらには2020年に開催される東京オリンピックなど、スポーツ業界の話題に事欠きません。

そこで、注目のアイテムがスポーツウェアです。すでに持っている親子も多いアイテムだけに、アレンジを加えれば、手軽にトレンドを取り入れた仮装を楽しめますね。さらに、ハロウィン装飾をしたラケットを持つだけでSNS映えしちゃうかも!?

キーワード3:「家ナカ需要」 気軽さが人気!

八雲だんご楽天市場店限定「もちもち魑魅魍魎餅」

「楽天市場」の購買データでは、「家ナカ需要」が2014年から2017年の4年間で約2倍に伸びているとのこと。

また、同社による2018年8月に実施されたアンケートでは、8割が自宅でハロウィンを過ごすと回答していることから、高い家ナカ需要を伺うことができます。

2018年も家族や友人と自宅でパーティーをしたり、仮装を楽しんだりと、身近なところでハロウィンを楽しむファミリーも多いようです。

ハロウィンフードアイデアをチェック!ハロウィンお菓子のラッピングアイデア集

また今年は、壁飾りを意味する「スワッグ」も人気だそう。植物を束ねてぶら下げるだけの手軽さで、ぱっと壁が華やかになりおすすめです。親子でオリジナルのハロウィンスワッグを創作してみてはいかがでしょうか?

おうちでハロウィンを楽しむには?

仮装アイテムのトレンドは?

ネオンカラーや透明グッズなど、2018年のファッション業界のトレンドを仮装アイテムに取り入れるのもおすすめだそう。とくに「オレンジ」は流行りの色なので、ハロウィンにピッタリですね!

パパにおすすめしたいのが、スカル(ガイコツ)系のデザイン柄のグローブ。これなら、仮装に抵抗があるパパでも、気軽にハロウィン気分が味わえますね。

ママと女の子におすすめのアイテムが、流行りの「ティアードワンピース」私服として使えるのはもちろん、トレンドを取り入れながら手軽に仮装を楽しめるのがポイントです。ぜひ家族みんなでハロウィンを満喫してください。

また、例年のハロウィン仮装で人気のアイテムは、来年の干支の着ぐるみだそう。2019年の干支である「イノシシ」の仮装なら、年賀状にも使えて一石二鳥ですね。

さらに、ピカチュウ、妖怪ウォッチ、ウォーリーなど定番人気キャラクターもおすすめです。今年のトレンド「平成回顧」にも通じるキャラクターですね! 

キャラクターやスポーツウェアなど、手持ちのアイテムを取り入れるだけで、気軽にハロウィン仮装を楽しむのが今年のトレンドと言えそうです。おでかけ先や自宅でも、平成最後のハロウィンを家族みんなで楽しみましょう!

2018年ハロウィンイベント&情報をチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

高橋 珠子

かつて…欲しいものは車のパーツ、週末は青空ガレージ…そんなメンズ要素大・満載だった私。が、いまや4歳と6歳の姉妹ママ。現在…欲しいものは子供部屋×2、週末は親子でお出かけ。子供たちからたくさん学んで親としてもっと成長した~い!と思う日々。

ライターの最新記事