子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

100均「キャンドゥ」クリスマスグッズ2018 おすすめ活用法紹介

年に一度のお楽しみでもあるクリスマスに、友だちとパーティーをする人も多いはず。そんなときに、オシャレな飾りつけが手軽にできたらうれしいですよね。

そこで今回は、アニヴァーサリー・プランナーの岡田真梨さんに、100均「キャンドゥ」のアイテムを使ったクリスマスコーディネートを教えてもらいました。一つのアイテムを使い回す、プロとっておきのテクニックは必見です!

100均「ダイソー」クリスマスグッズ2018100均「セリア」クリスマスグッズ2018【100均DIY】クリスマスのパーティー飾りアイデア集

プロが選んだ「クリスマスコーディネート」に使える100均グッズ14選

今回、岡田さんが提案してくれたのは、「茶色×白」のコーディネート。キャンドゥはモノトーンのアイテムが豊富なので、全体を茶色と白で統一しナチュラルな雰囲気を演出することで、モノトーンのものをアクセントに置いたときによく映えるのだとか

まずは、プロが選んだクリスマスアイテムを紹介していきます。

(左から時計回りに)イルミネーションワイヤーライト/ペーパーストロー(20本入り)/クラフトペーパー皿(8枚入り)/クラフトペーパーカップ/フェルトハット ボンボン付き/PVCフレームA4(ブラウン)/テーブルクロス(チェック)/クリスマスクリアステッカー

ナチュラルな茶色と白を中心に、テーブルをコーディネートするアイテムをピックアップ。子どものサンタ帽もあえて茶色にして統一感を出しました

(左から時計回りに)フェルトガーランドオーナメント/松ぼっくりオーナメント(小)/デザインペーパークリスマス(モノトーン)/ワイヤースターオーナメント(2個入り)

ゴールドのアイテムは、ナチュラルな色合いのコーディネートの中で使うとやさしい印象に。モノトーンの折り紙はさまざまに活用できるのでおすすめです。

(左)ペーパーナフキン 英字ブラック(20枚入り)/(右)ペーパープチガーランド スター

モノトーンのペーパーナフキンを使用することで、全体をきりっと引き締めます。ツリーの星をイメージさせるガーランドもプラスしました。


ナチュラル系でまとめた「ほっこりクリスマス」

それでは実際に選んだアイテムを使って、クリスマスコーディネートの活用法を紹介していきます。

テーブルコーディネート

テーブル周りのアイテムには、折り紙が大活躍! 折り紙の絵柄を切り取ったものを紙コップに貼るだけで、ドリンクをかわいくデコレーションできます。

細長い柄の部分を切り取れば、紙ナプキンとカトラリーを留めるテープとして使えます

折り紙よりも厚くて丈夫な紙皿は、切り取って爪楊枝に貼り付ければピックに。それぞれのクリスマスモチーフがかわいいですね。

中央の柄を大きめに切り取って竹串に貼り、ケーキトッパーとして使うのもおすすめです

紙皿は逆さまにした紙コップと重ね合わせて、細い両面テープで固定しておくと、お菓子が置けるスタンドとしても使えます。軽めのお菓子なら三段にしても大丈夫ですよ。

さらに、テーブルクロスもキャンドゥで購入したもの。130×175cmと大きめサイズなので、使い勝手が良くおすすめです。ほかに赤や黒、紺などのカラーバリエーションがあるので、コーディネートにあわせてチョイスしてくださいね。

アドベントカレンダー

紙コップとストローを使って、壁にツリー型のアドベントカレンダーを作るアイデアです。クリスマスまでのカウントダウンができるアドベントカレンダーは、子どもが喜ぶこと間違いなし!

紙コップの中にキャンディやチョコレート、消しゴムなど、子どもが喜びそうなプチギフトを入れて、上部を少し潰して麻ひもなどで結びます。コップに数字を書いてカレンダーのようにするのはもちろん、このように折り紙の文字部分を切り取って貼るのもオシャレです。

いくつか作ったら、養生テープやマスキングテープを丸めたものを裏に貼って、ツリーの形になるように壁に貼り付けていきます(少し重みのあるものを入れる場合や数日間飾っておく場合は、画鋲などでしっかりと固定することをおすすめします)。

ストローを使ってツリーの形に縁取ると全体が引き締まりますよ。トップには星型のオーナメント、幹の部分には折り紙を貼り付けるとさらにツリーの雰囲気が出ます。

友だちを呼んでパーティーをするときは、1人ずつプレゼントとして渡すのもおすすめ。紐の巻き方を変えて、松ぼっくりなどのモチーフをつけると、素敵なギフトになりますよ


ガーランド

ガーランドは、売っているものを二重にして飾るだけでも、賑やかな印象になります

また、ツリーオーナメント用の松ぼっくりを麻ひもに吊るして、手作りガーランドにするのもおすすめのアイデア。あらかじめ結び目を作っておいて、松ぼっくりが等間隔になるように通すのがポイントです。

サインボード

パソコンを使わずに「サインボード」を簡単に自作するアイデアです。A4の白い紙にウォールステッカーを貼り付けてフレームに入れるだけで、オリジナルのサインボードを作ることができます

キャンドゥで販売されているフレームの表面はガラス製なので、ガラス面にそのまま貼れば、あとで剥がして繰り返し使うことも可能です

松ぼっくりや星型オーナメントと一緒に飾れば、より素敵な雰囲気に仕上がりますね。残ったウォールステッカーは、ツリーの周りや紙コップなどに貼って活用しています(壁に貼る場合は、貼っても大丈夫かどうか素材を確認してください)。

イルミネーション

イルミネーションワイヤーライトを好きなガラス容器や空き瓶に入れて、オシャレなインテリアに。ワイヤーライトのLEDは白色のままでもかわいいですが、電球部分を好きな色の油性ペンで塗るとカラーイルミネーションにすることもできます

電池式なので、場所を選ばずに飾れるのがうれしいポイント。やさしい光がコーディネート全体の雰囲気にマッチしています。

折り紙や紙皿をさまざまな形で取り入れるアイデアは、手軽に統一感が出せるのでぜひ真似したいですね。記事を参考に、クリスマスパーティーを楽しんでみてください!

お話を聞いたのは…

  • 岡田 真梨さん

    日本アニヴァーサリー・プランナー協会
    アニヴァーサリー・プランナー
    北海道初のアニヴァーサリー・プランナー。インスタグラムで幼児食を投稿していく中で、自分も楽しい、子供も嬉しいお料理、スクエアの枠の中に世界観を作ることに心が踊っている自分に気づき、子供も大人も笑顔になる世界観を作ってきたいと、アニヴァーサリー・プランナー協会の門をたたく。『飾り付けで心に潤いを』をモットーに多方面で活動中。

  • SOCO’S ANNIVERSARY プランナープロフィール
  • 一般社団法人日本アニヴァーサリー・プランナー協会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

水谷 映美

1979年生まれ。出版社勤務、受付嬢、社長秘書を経て、現在はwebを中心にライターとして活動中。男・女・女の3児の母。気になることは何でも試してみないと気が済まない典型的B型女子。子育て世代のリアルな声を反映した記事を得意としている。

ライターの最新記事