子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

海のお仕事図鑑

海のお仕事図鑑

街で働くのお仕事一覧

  • 海の生き物のことを教えてくれるお仕事

    海洋生物研究者
    海洋生物研究者のお仕事
    地球表面の7割を占める、広くて大きな海には様々な生き物が暮らしています。 しかし海の生き物についてはまだ知られていないことが多く、 その海の生き物について色々な視点からデータを集め、研究を行うのが「海洋生物研究者」の仕事です。
  • 海の幸を美味しく食べさせてくれるお仕事

    寿司職人
    寿司職人のお仕事
    世界でも人気の高い日本食の中で、特にお寿司をにぎる技術を持った職人を「寿司職人」と呼びます。 新鮮な魚介と酢飯の香りは食欲をそそりますね。
  • 海の天気を予想するお仕事

    気象予報士
    気象予報士のお仕事
    海と天気を結びつけるお仕事が「気象予報士」です。気象予報士というと、放送局で働くお天気キャスターを思いうかべる人が多いと思いますが、気象庁や民間の気象会社、海上自衛隊などで働く人もたくさんいます。海上自衛隊で天気にまつわる専門知識を生かして働く人は「気象海洋員」と呼ばれます。
  • 美味しい魚を届けてくれるお仕事

    魚屋
    魚屋のお仕事
    ふだん買い物をしに行くスーパーマーケットには野菜や肉、魚などさまざまなものが売られていますが、 それぞれの食材だけを扱う専門店もあります。
  • 海外からの輸出・輸入のプロのお仕事

    通関士
    通関士のお仕事
    私たちの住んでいる日本は食べ物の多くを輸入に頼っています。この輸入のための書類を作り、外国との取引をスムーズに行うのが「通関士」の仕事です。
  • 海の魚をより美味しくしてくれるお仕事

    水産加工業
    水産加工業のお仕事
    獲った魚や海産物を加工して、海の魚をより美味しくしてくれるお仕事が「水産加工業」のお仕事です。 水産加工品には、ツナ缶で有名なまぐろの「缶詰」、 魚を干した「干物」、シーフードミックスなどの「冷凍食品」、 かまぼこなどの「練り物」などがあります。